FXの基礎知識

FXでのレバレッジ取引とは〜裁量・自動売買トレードでの使い方

「レバレッジ」とは、証拠金(取引の時に一部資金を預けること)を担保に、かけた資金の何倍もの取引ができる仕組みです。

レバレッジはテコのことで、小さな力で大きなものを動かす「テコの原理」と同じように、小さな資金で大きな額をトレードするので、こう表現されています。

株の取引でも、別途申請が必要ですが、「信用取引」と言って、レバレッジ3倍(掛金の3倍)でトレードができます。

レバレッジにより少ない資金でFXが始められる

FXでは、従来通常1万通貨が取引の基本単位となっており、例えば米ドル1万通貨を取引するには、1万ドル=120万円(120円/ドルの場合)もの資金が必要になります。

しかし、レバレッジを活用することで、(一般のFX業者ではレバレッジ25倍)、この場合に必要な資金は120万円/25 = 4.8万円の資金で取引ができるという訳です。

最近では1000通貨や、1通貨からの取引が可能なFX業者もあり、もっと少ない資金でFXを始めることが可能になりました。

1通貨からの取引は効率が悪いので、初心者がFXになれる場合に使用しても良いかと思います。海外の証券会社でも1000通貨から取引ができます。

あと外の証券会社はレバレッジは200、300倍はザラです。

 

25倍のレバレッジを掛けるということは、利益も25倍になるということ。このように、レバレッジを活用することによって、資金効率を簡単に高めることができるのが、FXの特徴です

。ここでレバレッジが高いと危険だと認識される方がおられると思いますが、レバレッジが何倍であろうと資金管理で、ロスはいくらまでと決めておけば、レバレッジの倍率は関係しません。ただポジションをいくつも持つ場合は証拠金が大きくなりますので、日本の証券会社の25倍では限界があります。

なので、適切な資金管理のもとでのレバレッジはメリットしかでしかないと言えます。

レバレッジ取引の仕組み

FXでは、まずFX口座に資金を入金します。これが「証拠金(保証金)」(口座資金)と呼ばれるものになります。

この証拠金はいわゆる担保であり、これをもとにFX業者がレバレッジを元にお金を貸してくれ、取引ができます。

例えば、1ドル=120円の時に、証拠金10万円に対して、FX業者が120万を借してくれて、一万ドル(120万通貨)の取引をしたとします。(レバレッジ10倍)

ちなみに1万ドルの取引で、0.1円(10pip(ピップス))相場が動くと、10000✖︎120✖︎0.1=12万円の(利益・損失)が発生します。

その後、借りた1万ドルはFX業者に返す必要があります。値動きにより利益が出た場合はその利益は自分に、損失が出た場合は口座に入れているお金が減ります。

尚、FX業者では、口座資金よりも大きな損失が発生しないように、ある程度の損失が発生した時点で強制的に決済する「強制ロスカット」という仕組みが設定されています。

 

国内FX業者では25倍、海外FX業者だと400倍など

現在では、日本国内のFX業者のレバレッジは最大25倍となっています。(法人であれば400倍など)

実は、 2010年7月まではレバレッジに規制はなく、レバレッジ数百倍なんていう取引も可能でした。

しかし、それでは損失が膨大になる恐れもあるため、規制が設定されたという経緯があります。リスク管理をせずにたくさんお金をかけて損失を出した人が多かったのも含まれると思います。

でのその裏で、実際10万を元に億稼ぎ出したどこかの社長さんが以前有名になりましたが、彼の実績は高いレバレッジがあったからです。今の日本の25倍のレバレッジで10万を億稼ぐにはかなりのトレード数が必要になると思います。

しかし、今でも個人で高いレバレッジを掛ける方法はあります。それは海外のFX業者を利用することです。

海外のFX業者にはレバレッジ規制は適用されないため、個人でも400倍などの高いレバレッジを掛けることができます。

現在日本国内からでも、簡単に海外FX業者に口座開設・利用することができます日本語対応している業者も多数あり

分らないことがあれば、日本語のメールで対応してくれる業者さんも多いです。

また海外の証券口座を開設する際にキャッシュバックと言って、トレードするたびにキャッシュバックが受けられるお得に口座開設する方法も ⇛ FXキャッシュバックサイト

 

国内FX業者と海外FX業者の違い

違いはレバレッジだけではありません。 

  • 税率が違う
  • 海外FXでは入出金が少し時間がかかる。
  • キャンペーンで無料で自動売買EAがもらえるのは国内口座
  • 少ない資金で積極的に運用するなら海外口座

レバレッジのメリットでは海外口座が勝りますが、その他の点では国内の業者の方がメリットが高くなります。 税金については、損失の繰越が国内ではできますが、海外ではできません。また税率も海外が不利になっています。 

自動売買が無料で手に入るキャンペーンで無料でEAを手に入れて国内口座で運用することを初心者の方はまずオススメします。 キャンペーンで手に入れたEAは口座縛りになりますが、普通に買って少額で運用するのであれば、海外口座がオススメになります。購入したEAはどの口座で使っても問題ありません。

レバレッジが高いと危険?

上の記事でも少し触れましたが、高レバレッジだとリスクが高い、と誤解されている方も多いかと思います。

しかし、レバレッジとは、持ったポジションに対して拘束される資金の割合を示すものです。

レバレッジ25倍のFX業者に100万円を入金して取引すると、100万円✕25倍=2500万円の取引になる、という訳ではなく、もっと少ない200万円の取引しかしなければ、レバレッジは2倍しか掛かっていないことになります。

このことを「実質レバレッジ」と呼びます。(レバレッジ25倍は25倍まで最大取引ができるということ)

大切なのは、自分が持つべきポジションの量であって、レバレッジが何倍かなどではありません。どれだけの損が許容できて、その額はどれだけの通貨がいくら動いた場合に相当するのか、を把握することが大切です。

そう考えると、レバレッジが高いほうが、拘束される資金が少ないし、それ以外のお金は余裕資金が多くなる=投資の自由度が上がるということになります。

つまりポジションを複数もてそして、多数通貨に運用できるということになります。

なので自動売買でEA(自動売買するシステム)が複数ポジションを持つのであれば、それだけレバレッジが必要になります。

もちろん自動売買で一回のポジションが2〜3回もつEAであれば、そんなに多くない資金で国内口座(レバレッジ25倍)でも取り引きができます。 

ただ、EAは複数セットできるため、トレード中のEAで証拠金がいっぱいであれば、他のEAではトレードがかぶるとポジション(売買し、持っている建玉)が持てないこともあります。

自動売買初心者は最初から儲けようと大きなレバレッジで運用すると、EAが損失を受けた時には資金が飛んでしまって再起不能になる場合があります。

なので最初は国内証券会社でコツコツ、リスク管理をしながら利益を増やすことを心がけましょう。

 

ただ国内口座は無料でEAが使えるキャンペーン、キャッシュバック等の口座開設時のキャンペーンが豊富なので、それも海外口座と合わせてお得に活用したら良いと思います^^

➡︎(参考記事)国内FX会社のオススメの自動売買キャンペーン

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
オススメFX自動売買キャンペーン!

大好評!!運用期間9ヶ月で収益率80%を達成。年利100%も射程圏内の注目の自動売買ソフト『Beatrice-rise1』が無料でもらえるキャンペーン!!

詳細ページ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FX自動売買トレードを学びたい方へ!!

無料レポートプレゼント】FX自動売買の極意〜FX自動売買トレードの失敗で学んだ自動売買トレードの勝ち続ける本音・運用方法の極意を記載

無料メルマガ登録で今ならFX自動売買取引のスペシャルレポートをプレゼント。初心者から学べるFX自動売買トレードを配信します。

👉自動売買メルマガの詳細はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です