MT4使用方法

MacでFX自動売買トレードならVPS(Ablenet)がオススメ

Mac(マック)FX自動売買トレードまたはMT4(メタトレーダー4)を使う時にオススメなのがレンタルサーバー(レンサバ)つまりVPS(仮想デスクトップ)と言われるものです。

MT4は基本的にWindows(ウインドウズ)対応になっていて使えない場合が多くあります。 近年はMac(マック)の需要が増えており、シンプルで格好いいデザインのMacがとても人気があります。

しかしMT4を使って、FX自動売買トレードなどを行う場合にMT4が使えない場合があるため、注意が必要ですが、ここではオススメの運用方法をお伝えします。

FX自動売買トレードであれば、MacであれWindowsであれ同じ条件

どういうことかというと、FX自動売買トレードは、MT4を基本的につけたままにしておき、EA(自動売買ソフト)を動かさないといけません。

なので、PCの電源を付けっぱなしにしておくと、パソコンの更新や他の人が触った場合にMT4が落ちたり、または自動売買ソフトを複数運用してくるとPCが重くなったりします。

なので通常FX自動売買トレードをする人が使っているのが『VPS(仮想デスクトップ)』と言われるサーバーになります。

VPS(仮想デスクトップ)を使ってサクサク自動売買トレード

VPSを使うことにより、VPS会社のサーバー(Windows)の中でMT4を設置して自動売買トレードができます。 なので、PCの電源を切っても、VPS会社のサーバーの中でMT4は動いたままなので、安心して動かすことができます。

詳しいVPSの内容はこちら↓↓

➡︎FXトレード用VPS比較の記事はこちら

Macユーザーならではの、VPSの使い方

VPSの特徴は他のサーバーで動かすことができること。 Macには「パラレルデスクトップ」などの仮想デスクトップ(ウインドウズがその中で使える)をMac内に設置できますが、基本的にPCの電源はつけたままにしなければならないし、容量が大きいため、他の作業に支障が出る場合が多くなります。

VPSが使えるのであれば、VPSで例えば私はWindows専用のサイト作成ソフトなどを使って作業したりできるので、何かとMacでWindows専用のアプリやソフトを使う場合に便利になります。

 

下記の記事にVPSで私がどいった取引をしているか見れます↓↓

➡︎VPSの実際の使用状況を検証

VPSはFX用でサクサク動く会社を選ぼう

VPSはFX用のものがあります。最初からWindowsがインストールされているので、VPSを起動して、MT4をダウンロードしてという流れになります。

おすすめの記事

VPSでは、やはり安くてサクサク動くものを選ぶ必要があります。

私がオススメしているのは、実際使用している『Ablenet(エイブルネット)

Ablenet(エイブルネット)は、リーズナブルで動作が軽いVPS

VPSで大手で有名なのは「お名前com」です。 

VPSを知っている人なら誰でも知っています。 サポートも好評ですが一つよく聞くのが『時間帯によっては動きが重く、操作ができないときがある』という評判があるからです。

つまりユーザーが集中して使う時間帯には、サーバーをみんなで共有しているので、動きが遅くなってしまうということです。なぜならお名前comは人気だからです。

記事の上のリンクの「VPS比較」にも書いていますが、私が使っているAblenetは、運用実績も長く、業界ではVPSのFX用として最高水準の安さを提供してくれています。

おまけにVPSも操作しやすいという大きなメリットがあります。  なので価格から特に初心者をはじめとして人気が出てきているVPS業者なのです。

 

下記のリンクにAblenet(エイブルネット)の記事を書いていますので、ぜひ参考にされてください↓↓↓

➡︎ABLENET(エイブルネット)〜MT4、FX専用VPS・評判と口コミ

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
オススメFX自動売買キャンペーン!

大好評!!半年で収益率150%の注目の自動売買ソフト『スキャルピングドラゴン!』が無料でもらえるキャンペーン!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FX自動売買トレードを学びたい方へ!!

無料レポートプレゼント】FX自動売買の極意〜FX自動売買トレードの失敗で学んだ自動売買トレードの勝ち続ける本音・運用方法の極意を記載

無料メルマガ登録で今ならFX自動売買取引のスペシャルレポートをプレゼント。初心者から学べるFX自動売買トレードを配信します。

👉自動売買メルマガの詳細はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です