MT4(メタトレーダー)対応FX会社のオススメ口座開設

FX自動売買トレードで国内FX業者と海外FX業者はどっちがおすすめ?

FX自動売買ソフト(EA)を使った自動売買取引(システムトレード)では、国内のFX会社(証券会社)海外のFX会社どちらがいいのか違いを比較検証していきたいと思います。

FX自動売買ではMT4(メタトレーダー4)を使いますが、世界でのシェアを見ると国内よりも海外が主流となっています。

しかしながらMT4対応の国内業者「外為ファイネスト」「オアンダジャパン」「FXTF」などは取引コストであるスプレッドも狭く、海外のMT4でEAを動かす場合に比べてパフォーマンスが高い場合が多いです。

国内と海外業者

MT4が使えるFX業者として本サイトでは実績と定評がある以下のFX会社をご紹介しています。*クリックすると各業者の詳細ページに飛びます。

国内FX業者力

・外為ファイネスト(評判と特徴)公式サイト

・FXTF(評判と特徴)(公式サイト

・オアンダジャパン(評判と特徴)(公式サイト

・フォレックスエクスチェンジ(評判と特徴)(公式サイト

海外FX業者

・XM(エックスエム)→(評判と特徴)(公式サイト)」

本サイトでご紹介しているFX業者については「MT4(メタトレーダー4)対応FX証券会社のおすすめ口座開設〜評判と口コミ」の記事を参考にしてくだささい。

あわせて読みたい
MT4(メタトレーダー4)対応FX証券会社のおすすめ口座開設〜評判と口コミFX自動売買EAを使用するMT4(メタトレーダー4)に対応したFX業者口座開設の特徴を評判と口コミを含めて比較形式でご紹介します。 ...

国内と海外FXの比較

ヨリコ
ヨリコ
国内と海外の業者を比較していくわよ。
国内海外
レバレッジ最大25倍400倍以上
スプレッド狭い0.4pips等1.0pips
追証ありなし
信託保全あり一部
税金20%累進課税(最大45%)

国内と海外のFXを比較すると、レバレッジは海外が有利で、スプレッドや税金が国内が有利と言えます。

全体的に見ると国内の方が取引は控えめですが、万が一金融機関が破綻したときにも資産が守られる信託保全などを含めて国内が安心感があるのは確かです。

レバレッジ

レバレッジについては、海外が有利になります。

国内→最大25倍

海外→400倍〜800倍

ですが、海外の数百倍のレバレッジを使った取引について自動売買でいうと

  1. 複数のEAかつ、EAが1トレード複数ポジションを持つ場合
  2. 短期での大きな利益を目的にハイレバレッジ取引をする場合

の2点をいうことが可能です。

これについては、FX自動売買トレードに慣れた人中級者以上が運用するのがよく、初心者については国内のレバレッジでゆったり運用するのが良さそうです。

スプレッド

スプレッド については国内の方が海外より狭い傾向にあります。

通貨ペアFXTF(1000通貨)FXTF(10000通貨)オアンダ(MT4)オアンダ(プロ)外為ファイネスト
ドル円0.3銭0.8銭0.3銭0.8銭0.2銭
ユーロ円0.6銭1.4銭0.4銭1.3銭0.4銭
ユーロドル0.8pips1.4pips0.3pips0.8pips0.4pips
豪ドル円1.4銭2.0銭0.6銭1.6銭0.5銭
ポンド円0.9銭2.4銭0.8銭2.8銭0.5銭

上の画像は国内でMT4が使える主要な会社のスプレッドを比較したものになります。

海外のFX業者はスプレッドがドル円でも1.0pipsなどと大きめとなっています。

ヨリコ
ヨリコ
上の表で見るとスプレッド では、「外為ファイネスト」が一番狭くなっているわね。 でも国内で見てもどの会社でもスキャルピングEAは使えそう。

また海外の証券会社で有名な「XM」のゼロ口座はスプレッドが0.3pipsなど国内と比較してもかなり狭いスプレッドとなっているわ。 レバレッジが通常より低めと入金金額の指定などの条件もあるわ。

追証(おいしょう)について

通常レバレッジでのトレードをする場合については、証拠金を口座に残しておく必要があります。

その証拠金が一定金額以下になると「追証」と言って追加でお金を入れないとそれ以上ポジションを持てない仕組みになっています。

海外はそれがないので、思いっきりハイレバレッジでトレードすることが可能です。そしてロスカットが基本的にないので、口座資金が0になるまでトレードできるのが特徴です。

ケイシ
ケイシ
通常はトレードでポジションを保有している場合マイナスが大きくなると強制的に決済されるロスカットが国内では採用されています。

ですが、強制的に決済されるため、資金のギリギリトレードする人には相場が回復する前に、強制決済で損失が確定したりとリスクが高くなります。

ヨリコ
ヨリコ
なるほど、本来は口座資金の20%とか残すために、安全のために採用しているロスカットも強制的に損失の確定になるわね。

口座資金ギリギリ(口座資金が少ないのに大きなロットで取引した場合にマイナスになるとロスカットの水準まで近づきやすい)で取引している人には裏目になることもあるということね。

信託保全


信託保全は上の画像のように万が一FX業者は破綻しても、顧客の資産が守られる仕組みになっています。

国内では義務化されていますが、海外では一部の業者になっており、その辺について海外の業者がリスクが高いと言えます。

ヨリコ
ヨリコ
海外の業者を選ぶならやっぱり実績があって多くの日本人の顧客を抱えているところがいいわね。

税金

税金については、国内は「申告分離課税で一律20%となっているのに対して、海外では累進課税制度となっているので稼いだ分税金が高くなる仕組みとなっています。

上の表は累進課税制度の表になっており、この税率に住民税のプラス10%を加算した金額が納める税金となってます。

(利益が100万円、給与所得100万円の場合)→海外FXである累進課税は10+10%=20%となり、国内の税金(20%)と同等の水準となる。

(利益が200万円、給与所得100万円の場合)→海外FXである累進課税は20+10%=30%で、国内の税金(20%)より高くなる

ヨリコ
ヨリコ
FXの利益が200万円の場合でも給与所得が100万円あれば、300万円が収入となるから、累進課税では300万円の枠が適用されるわ。

本当は控除などがあるから300万円より安くはなるけど、ここではシンプルに説明しています。

自動売買トレードでの相性

FX自動売買を行う場合に、MT4にEAをセットするのですが、

運用するFX会社によってパフォーマンスが違ってくる。

という状況があります。

これは、FX業者のサーバーの問題(約定力)やスプレッドなどが関係していると言われ、特に同じEAでも国内と海外のFX業者で比較した場合に成績が大きく違ってくる場合があるため注意が必要になります。

国内のFX業者の相性がいい傾向

FX自動売買EAについては、多くのEAが国内のFX業者のMT4を参考にしてEAが設計されています。

そのため、海外に比べて国内での自動売買の運用が成績がいい傾向にあると言われています。

ヨリコ
ヨリコ
あくまでも傾向だから、海外のMT4でも当然結果が良いのもあるわよ。

運用時はEAのパフォーマンスを確認する。

これは国内でも海外でも言えることですが、購入したり、キャンペーンで手に入れた自動売買EAを運用する場合には、「最初は少額でEAのパフォーマンスを確認して、フォワードテストとの違いを確認する」ことがオススメとなります。

ケイシ
ケイシ
フォワードテストは、EAをリアルタイムで成績開示しているグラフになります。

フォワードテストは過去の成績を当てはめたバックテストより信頼性が高く、EAを購入する際の大きな指標と言えます。

まとめ〜初心者はまずは国内業者がおすすめ

以上国内と海外の業者を比較しました。

海外でハイレバレッジで自動売買取引したい人も多いのが現状ですが、やはり最初は国内FX業者での取引に慣れてからがオススメと言えます。

最初は自動売買トレードに慣れる」ということは成績を向上させる上で非常に重要だからです。

ヨリコ
ヨリコ
FX自動売買EAはEAが取引してくれるから初心者でも利益を上げやすいのは大きなメリットと言えるけど、やはりリスク管理やEAの組み合わせなど運用の経験がものをいうわ。

だから運用当初は無理しない金額でトレードに慣れるのがいいわね。このサイトの「無料メルマガ講座」でも一から自動売買のトレードの知識が学べるわよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
オススメFX自動売買キャンペーン!

大好評!!運用期間9ヶ月で収益率80%を達成。年利100%も射程圏内の注目の自動売買ソフト『Beatrice-rise1』が無料でもらえるキャンペーン!!

詳細ページ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FX自動売買トレードを学びたい方へ!!

無料レポートプレゼント】FX自動売買の極意〜FX自動売買トレードの失敗で学んだ自動売買トレードの勝ち続ける本音・運用方法の極意を記載

無料メルマガ登録で今ならFX自動売買取引のスペシャルレポートをプレゼント。初心者から学べるFX自動売買トレードを配信します。

👉自動売買メルマガの詳細はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です