経済ニュース

日銀がマイナス金利政策を発表〜そのメリット・効果とは

日銀金融政策会合(2016年1月29日)マイナス金利が発表。FXトレードされた方は相場がいつも以上に急変したので驚かれたと思います。今回は週明け月曜日も含めて相場状況をお伝えしたいと思います。

日銀が追加金融緩和政策として、『マイナス金利政策』を打ち出しました。これで一気に日本円が売られ、相場が乱高下となりました。

黒田総裁らしい(?)サプライズでしょうか。今回のマイナス金利を受けてどのような効果・メリットがあるのかを検証したいと思います。

マイナス金利は日銀と民間の銀行に適用した話なので、私たち個人が銀行に預けているお金は、マイナス金利にはなりません。

マイナス金利とは?

以前ご存知のように日銀は同じく金融緩和政策として『ゼロ金利』政策を打ち出しました。

これは金利をゼロとすること、民間の銀行がお金を借りやすくする政策です。➡︎世の中にお金が回るようにする。

ということです。今回のマイナス金利も基本的には金融緩和政策として、世の中にお金を回るようにして、事業や投資を促進させる効果を促したものです。

以下日銀の説明です。

1.3段階の階層構造 (1)基礎残高(+0.1%を適用)

「量的・質的金融緩和」のもとで各金融機関が積み上げた既往の残高につい ては、従来の扱いを維持する。具体的には、各金融機関の日本銀行当座預金残 高のうち、2015 年1月~12 月積み期間(基準期間)における平均残高までの 部分を、既往の残高に対応する部分として、+0.1%を適用する。

(2)マクロ加算残高(ゼロ%を適用)
   以下の合計額にはゼロ%を適用する。

1 所要準備額に相当する残高

2 金融機関が貸出支援基金および被災地金融機関支援オペにより資金供給 を受けている場合には、その残高に対応する金額

3 日本銀行当座預金残高がマクロ的に増加することを勘案して、適宜のタ イミングで、マクロ加算額(1)の基礎残高に掛目を掛けて算出)を加 算していく。

(3)政策金利残高(▲0.1%を適用)

各金融機関の当座預金残高のうち、(1)と(2)を上回る部分に、▲0.1% のマイナス金利を適用する。

要するに今後、日銀に預けるお金をマイナス金利適用とするとのことです。

日銀における当座預金

通常民間の銀行は日銀にお金を一定量預けています。 これは日銀当座預金残高と言います。

マイナス金利については、これから民間の銀行が日銀にお金を預けるのに、マイナス金利を適用し、逆にお金を民間銀行からもらうような仕組みを打ち出しました。

これはすでにユーロでは行われている政策で、当然お金を預けて払うのは嫌なので、そのお金を他の運用に回すようにします。それが日銀の目的なのです。

マイナス金利政策発表時の相場

ドル円マイナス金利時

 

上の画像は15分足でのチャートですが、金政策発表後円が売られる形で上下しています。 このような場合は一方的に同じ方向に行くことはありませんが、一度売られて上昇したものが買われて、再度買われる形になっています。

自動売買については、重要な基本指標発表は止めておく必要があります。

2016年2月1日 週明け月曜日の状況

週明けのマイナス金利後の相場状況

全体的にアップトレンドで円が売られる状況になっています。金融政策発表時一度、急激に上昇(売られて)、その反動で買われましたが(円)、その後そのまま売られている状況です。 自動売買をしている方は、週の半ばまで様子見が良いでしょう。

当サイトで一番成績が良いEAである、WhiteBearZUSDJPYは、これまで大きなドローダウンを受けていないため、今回の相場の変化でトレードにどのような状況が出るか注視する必要があると思います。

他のEAが不調な分、ZUSDJPYのロットを上げてトレードされている方は、気をつけてください。

各自動売買EAの状況

White bearZ USDJPY

マイナス金利 Whitebearzusdjpy

大本命のEAです。基本的にリスク対策として、金曜日月曜日はトレードを抑制されているので、今のところ大きなドローダウンは受けていません。ですが、火曜日から自動的にトレード行うので、運用については止めておくことをオススメします。

一番優秀なEAですが、マイナス金利の一番影響がある通貨(USDJPY)だけあって注意が必要です。

➡︎『WhiteBearZUSDJPYの詳細な検証記事はこちら

WhiteBearV3

Screen Shot 2016-02-01 at 11.36.29

1月28日に大きなドローダウンを受けています。なので、これまで利益がなくなって成績は0となりました。

1月はトータルで-341pipのマイナスになります。 これは大きな損失ですね。 V3の運用については、控えるかロット下げて対応した方が良さそうです。

昨年からユーロ関連の通貨については、whitebearが通用しなくなっています。ですので、私個人的にはユーロ通貨関連のWHIteBearについては、ロットを控えめに設定しています。

➡︎『WhiteBearV3の詳細な検証記事はこちら

WhiteBearZ EURJPYとGBPJPYについて

WhiteBearzEURJPY

Screen Shot 2016-02-01 at 11.53.38

このEAもユロ円なので、円の通貨が含まれていますが、今回の政策発表については、ZUSDJPY同様影響がありませんでした。しかし、全体的な成績はあまり良くないため、現在は運用停止中です。

 

WhiteBearZGBPJPY

Screen Shot 2016-02-01 at 11.53.09

ポンド円も他のWhiteBearZシリーズの通貨同様、マイナス金利の影響はありません。ですが、まだ相場に大きく影響がある段階なので、トレードは念のため控えた方がいいと思います。

 

まとめ

銀行は現在国債運用もできない状況なので、リスク資産、株式投資に資金を集めることで、さらに株価が上がるという期待がると思います。それが今回の金融緩和のひとつの目的でもあります。資金をリスク資産に流すこということになると思います。

自動売買は週半ばまで相場状況を見て運用を控えた方が良さそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
オススメFX自動売買キャンペーン!

大好評!!半年で収益率150%の注目の自動売買ソフト『スキャルピングドラゴン!』が無料でもらえるキャンペーン!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FX自動売買トレードを学びたい方へ!!

無料レポートプレゼント】FX自動売買の極意〜FX自動売買トレードの失敗で学んだ自動売買トレードの勝ち続ける本音・運用方法の極意を記載

無料メルマガ登録で今ならFX自動売買取引のスペシャルレポートをプレゼント。初心者から学べるFX自動売買トレードを配信します。

👉自動売買メルマガの詳細はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です