FX自動売買の運用方法

MT4を使ったFX自動売買における証拠金と強制ロスカットの考え方と注意点

FXトレードは、証拠金と言われる口座資金を担保(証拠金を一時的に一部証券会社に預ける)にして、レバレッジをかけて何倍も大きな金額の取引を行います。

FXでもFX自動売買トレードでも基本的には証拠金やロスカットの考え方は同じになりますが、トレードの戦略として自動売買はEA(ソフト)を使うため注意する点も違うところがあります。

FX自動売買トレードが上達すると複数のEAでトレードをしたりと、口座の証拠金の量が増えていくため、その仕組みを知っておくことが重要です。

FXでは証拠金について、有効証拠金・必要証拠金・証拠金維持率など、証拠金という言葉がたくさん出てきます。

ポジションを持つと口座にこれらの証拠金の数値が出てきますし、難しい言葉なので、混乱しそうですが、これからそれらの意味ついて解説をしていきます。

FXにおける証拠金の考え方について

証拠金とは、レバレッジ取引を行う場合に「取引金額の4%を口座に残しておく」ことを言います。

例えば実際の取引において

●投資金額:10万円

●取引金額:100万円

●証拠金:4万円(取引金額の4%)

とします。

投資金額10万円ですが、この場合実際に100万円の取引をするため100/10でレバレッジ 10倍になります。

これからこの状況で実際に証拠金の考え方についてご説明していきます。

FXにおける証拠金の種類について

ここではそれぞれの「証拠金」の種類についてお伝えします。

ヨリコ
ヨリコ
すでに説明した投資金額10万円の具体例で話を進めていくわね。

有効証拠金について

有効証拠金とは、取引口座に入金されている残高(口座資金)をいいます。

この場合は投資資金は10万円なので、

有効証拠金=10万円

となります。

必要証拠金とは

必要証拠金とは、1つポジションを建てるのに最低限必要な金額のことです。

今回の場合は100万円の取引を行います。

なので、その100万円の取引に必要な証拠金(4%)は

必要証拠金=4万円

となります。

これは一つのポジション(通貨を買った時)の時に取引金額の4%を口座に預けます。

ですが、EAが同時に2つのポジションを持つ場合には、それぞれの取引金額に4%の証拠金が必要になります。

1回のトレードで1つのポジションを持つのか、2つのポジションを持つのかなどはしっかりと把握しておく必要があります。

証拠金維持率とは

証拠金維持率については以下のようになります。

証拠金維持率=持っている通貨金額 ➗ 必要証拠金 *100

今回の場合では

証拠金維持率=100万円 ÷ 4万円 *100 =250%

となります。

実際に100万円の通貨の価格が下がると証拠金維持率も下がることになりますが、証拠金維持率が100%を割り込んだときは、新しいポジションを持てない(通貨が買えない)などとFX会社で定めがあります。

 

FXにおける強制ロスカットとは

強制ロスカットについては、口座の資金が0になる前に持っているポジションを全て決済してしまうことを言います。

もちろんこれは投資家保護のために行うことですが、強制ロスカットにならないように証拠金を考えてトレードすることが重要です。

例えば今回の場合「証拠金維持率を100%下回った場合強制的にロスカット」とします。*実際はFX会社によって違いがあります。

簡単にいうと口座資金の10万円で証拠金が4万円なので、口座資金10万円が4万円より下がると強制ロスカットが発動することになります。

具体的に説明すると

①ドル円 1ドル=100円で 1万通貨を購入 →100万円の取引金額(100円*10000)

②ドル円が下落 1ドル94円 →損失は(100ー94)*10000=6万円

③口座資金が10万円で6万円の損失のため強制ロスカットが発動

という風になります。

ケイシ
ケイシ
証拠金の考え方はレバレッジ と同じなので、以下の記事も参考にしてみるとより理解が進むことになります。

実際にトレードする時のポジションを建て方

それでは実際にトレードする時にはもっとシンプルに考える方法をご紹介します。

その考えとは

1つのポジションが損切りにかかった場合の損失は口座資金の5%とする。

となどと損失を考慮してロットを計算することになります。

*ロットはどれくらいのお金をかけるかということ。

先ほどの

●投資金額:10万円

●取引金額:100万円

●証拠金:4万円(取引金額の4%)

を使って具体的にご紹介すると

自動売買ソフト:1トレード=1ポジション、損切りは60pipsに設定 

損失:1ポジションでの損失が口座資金の5%(5000円)と設定

を考えます。

そうすると

通貨量*0.6(60pips)=5000円 →

 通貨量=8333=8000通貨(0.08ロット)

となります。

ヨリコ
ヨリコ
なるほど損失から考えるのね!  もしEAが1トレードで2つのポジションを持つのであれば、通貨量は半分の4000通貨となるわね。
ケイシ
ケイシ
トレードにおける詳細はロットの計算方法は以下の記事を参考にしてください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
注目のFX自動売買!

【OhracleCHF-mk1】安定を重視したスイス円対応の期待のEA

OhracleCHF-mk1〜FX自動売買EAの成績検証と設定について

EA詳細ページ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自動売買に欠かせないFX専用VPSならエイブルネット

詳細ページ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FX自動売買トレードを学びたい方へ!!

無料レポートプレゼント】FX自動売買の極意〜FX自動売買トレードの失敗で学んだ自動売買トレードの勝ち続ける本音・運用方法の極意を記載

無料メルマガ登録で今ならFX自動売買取引のスペシャルレポートをプレゼント。初心者から学べるFX自動売買トレードを配信します。

 

無料メルマガ詳細ページ