自動売買EA(ソフト)

Nostalgia Ver1@〜歴代最高クラスEA? FX自動売買の運用成績と評判について

Nostalgia Ver1@〜歴代最高クラスEA? FX自動売買の運用成績と評判について

Nostalgia Ver1@(ノスタルジア)開発者のアルベルトさんが言うには、歴代最高クラスのEAとなっています。

6通貨対応のスキャルピングEAで、日本円での通貨ペアは3タイプで、あとはドルストレートとなっています。

リリース当初から購入者が50名を超えるなど非常に人気がでているEAとなっています。

この記事ではNostalgia Ver1@(ノスタルジア)の運用成績と評判の検証をおこなっていきます。

 

Nostalgia Ver1@(ノスタルジア)の特徴について

項目EA
トレードスタイルスキャルピング
時間足1
通貨ペア[USD/JPY][EUR/JPY][AUD/JPY][GBP/USD][USD/CAD][EUR/CHF]
最大ストップロス50 pips内部クローズあり
プロフィット60 pips内部クローズあり
最大ポジション数
価格19800円(2020年1月現在)

ノスタルジアの特徴については

・スキャルピングには珍しい、ストップとリミットが同じ幅を採用

・早朝トレードの朝スキャタイプ

・リリース直後から購入者が殺到

Nostalgia Ver1@(ノスタルジア)の成績について

 

運用開始期間2020年1月6日〜2020年1月24日
勝率67%
収益率1%

*フォワードテストは投資資金100万円で運用した場合の利益です。

ノスタルジアの成績ではまだリリースされたばかりですが、収益をコツコツ微増させている状況です。

6通貨に対応していることから、今後どの通貨の成績が良いかも監視しながらのトレードが必要になると思います。

また設定ロットについては100万円の資金の場合には10万ロットをフォワードテストで採用されているため、ご自身の資金に合わせて調整するといいと思います。

Nostalgia Ver1@(ノスタルジア)のバックテスト

運用期間2010年から2019年末
収益100万円→470万円
勝率74%
ドローダウン10%

気になるノスタルジアのバックテストは非常に安定しています。

バックテストについては6通貨全て公開されていますが、一番成績の良いのがこのUSDCADになっています。

バックテストを考慮のうえ設定ロットを考えてみてもよさそうです。

ノスタルジアの評判について

評判は上場のようです。

ノスタルジアオススメの証券会社について

ノスタルジアはスキャルピングEAのためスプレッドが狭く注文が通り安い証券会社がオススメです。

個人的には

オアンダジャパン

外為ファイネスト

がおすすめと思っています

ヨリコ
ヨリコ
外為ファイネストは1000通貨からトレードができるので、現状では外為ファイネストが人気があるわよ。

まとめ

リリース当初から大きな売り上げとなったノスタルジア。

今後のどのような収益となるか注目です。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
無料メルマガ講座でFX自動売買が学べます!! 初心者から学べるFX自動売買運用講座(計12回)と最新の自動売買EA情報を配信。今なら電子レポート「FX自動売買の極意」をプレゼント中!
*メールアドレス
*お名前(仮名でも可)

 

1.5GB→1230円(月額)【FX専用VPSで大幅価格改訂!! 】お名前.com

FX専用のVPS業界で独走状態の大手VPS会社「お名前.com」。業界最安水準、サポート体制、サーバーの安定性。多くのトレーダーから選ばれるVPS

 

世界第2位のトレードが開発したインジケーター

2019年FX世界大会第2位の実績を持つFXトレーダーのコウスケさん。

インジケーターの購入者2000名を突破し、多くの反響を得ている彼からの限定特典が5月12日まで限定は配布されています。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FX自動売買トレードを学びたい方へ!!

無料レポートプレゼント】FX自動売買の極意〜FX自動売買トレードの失敗で学んだ自動売買トレードの勝ち続ける本音・運用方法の極意を記載

無料メルマガ購読初心者から学べるFX自動売買トレードの手法と運用方法とオススメのEAを配信しています。

 

無料メルマガ詳細ページ

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

バイナリーオプションのインジケーターを自動売買として使えるシステム!MT4、MT5に対応

詳細ページ

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー