VPSサーバー比較・使用方法

スマホからVPSでMT4でFXが可能〜使い方と設定方法について

MT4を使ったFX自動売買では、PCだけでなく、お手持ちのスマートフォンアプリを使ってVPS(仮想デスクトップ)でMT4を使うことができます。 

私はVPSのスマホアプリとして、「Microsoft Remote Desk top(マイクロソフトリモートデスクトップ)」というものを使っています。

「VPSのスマホアプリはどんなものがいいの?」「VSPを使うときにはネット接続が必要?」「スマホで外出先からFXの自動売買の設定がしたい。」

などの項目について解説をして行きます。

(参考記事)👉VPSの概要とオススメVPS会社

スマートフォンで外出先からVPSに接続ができる。

上の画像のように、PCだけでなくスマートフォンでも、ネット接続をした状態から外出先などからVPSに接続が可能になります。

VPSの中でMT4を立ち上げているのであれば、FX自動売買のトレードも確認することが可能です。

スマホアプリでも「MT4(メタトレーダー)」のアプリはもちろんありますが、そのMT4のアプリからは自動売買を設定することができません。

スマホをつかってVPSを見る理由
👉FX自動売買はMT4を起動させたままにしておかないと行けないため、VPS上の中でMT4を起動させたままにしておくことが可能。

👉外出先からなど、VPSのスマホアプリでトレードの成績の確認や自動売買トレードをオフにすることが可能。

スマホアプリではマイクロソフトリモートデスクトップを使用

スマホアプリでは「Microsoft Remote Desk top(マイクロソフトリモートデスクトップ)」というVPSに接続できるアプリがあるため、それを使ってスマホからVPSを使うことができます。

実際にアプリからVPSを立ち上げてみる。

アプリをダウンロードすると上のような「RD Client」というアプリのアイコンがあらわれます。アプリのアイコンをクリックします。

上の図のような画面なり、登録したおいたVPSをクリックします。


次に右上の「承諾」をクリックします。

するとVPSにログインができました。

このVPSの中でMT4を起動させてFX自動売買トレードができます。

VPSアプリの登録方法について

アプリ内でのVPSの設定方法は、アプリ画面の右上の「+」から登録をします。

デスクトップ」をクリックします。

PC名」と「ユーザーアカウント」を入力して行きます。

この情報については「契約したVPS会社」から送られてくるため、その情報を入力することになります。

VPSはPCやスマホなど使い方が多様で便利

以上これまで解説してきたように、VPSはPCだけでなくスマートフォンからでも接続することができます。

なので外出先から、自動売買ソフトの運用状況やトレードをストップしたりと言ったことが可能です。

VSPについては、私が使っている『エイブルネット🔗 』などFX専用のVPSを提供している会社があるため、それらを使用することをオススメします。

(参考記事)👉FX専用のVPS会社ランキング

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
オススメFX自動売買キャンペーン!

大好評!!半年で収益率150%の注目の自動売買ソフト『スキャルピングドラゴン!』が無料でもらえるキャンペーン!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FX自動売買トレードを学びたい方へ!!

無料レポートプレゼント】FX自動売買の極意〜FX自動売買トレードの失敗で学んだ自動売買トレードの勝ち続ける本音・運用方法の極意を記載

無料メルマガ登録で今ならFX自動売買取引のスペシャルレポートをプレゼント。初心者から学べるFX自動売買トレードを配信します。

👉自動売買メルマガの詳細はこちら

POSTED COMMENT

  1. ヒロ より:

    初めましてご質問をお願いします。
    マイクロリモートデスクトップをダウンロードしたら英語表示で、立ち上げた時に何も表記されません。
    どのようにしたら良いのでしょうか?
    宜しくお願いします。

    • ケイシ より:

      お世話になります。 詳しい状況を知りたいので、「お問い合わせページ」から連絡をお願いします。あとでその部分の画像を送っていただくと調べてみようと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です