MT4使用方法

MT4ストップレベル確認〜FXトレードにおいて

FXトレードでMT4(メタトレーダー4)を使う時に、『ストップレベル』というのがあるのをご存知でしょうか。

ストップレベルとは、指値、逆指値を注文する時に、何pip(ピプス)以上離さないといけないかという設定になります。 ストップレベルの数値が40であれば、4pipという以上離さないと注文が出せないということになります。

ストップレベルについては、各証券会社ごと、そして証券会社の口座ごとに変わってきます。例えば、オアンダジャパンには、『スタンダード口座』と『プロ口座』がありますが、この2つはストップレベルが違いプロ口座はストップレベル0となっています。

実際4pipごとに注文を出すのは、超短期トレード(約定までの価格が小さいのでほとんどないと思います。)か、トレーリングストップを使った場合に問題になります。

ストップレベルの確認方法

MT4のストップレベルの確認方法についてご説明します。

『MT4チャートの気配値を右クリック』➡︎『仕様をクリック』

MT4ストップレベル

下の画像の上から三番目の『ストップレベル(Stops level)がその数値になります。

私が表示しているMT4は、XM.comのものです。数値が『40=4pip』ということになります。  つまり、指値や逆指値を指定する時に、4pip以上離して注文しないと注文が出せないことにあります。

例えば、ドル円110.00円(買い)の時に、110.03に指値を入れると注文が出せないことになります。

MT4stoplevel

通常のトレードではそんなに狭い指値や逆指値を入れることがないので、問題はないですが、トレーリングストップの時に問題になってきます。

トレーリングストップを採用したEAは注意が必要

トレーリングストップとは、ストップ注文を価格に応じで変化させていくことになります。

例えば、買い注文をした時に、何pips進むと、ストップを切り上げる設定をすることができます。自動売買EAの中には、少ないpipsでストップを切り上げるEAはあまりないとは思いますが、少なからずありますので、事前にMT4でストップレベルを確認する必要があります。

自動売買EAのトレーリングストップが3pipごと価格が進むとストップを切り上げる(買いで入った場合)とします。そうすると、価格が下がった時に、より有利な価格で損切りとなります。  しかし、ストップレベルが4pipであると、トレーリングストップの注文が出せないことになります。(0〜4pipの範囲内では注文が出せない)

通常はそんなに狭い価格でトレーリングストップを採用するEAはあまりありませんが、年のためトレーリングストップを採用している自動売買EAを使うと時は、その幅を確認して、狭ければ、MT4のストップレベルを確認した方が良さそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
オススメFX自動売買キャンペーン!

大好評!!半年で収益率150%の注目の自動売買ソフト『スキャルピングドラゴン!』が無料でもらえるキャンペーン!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FX自動売買トレードを学びたい方へ!!

無料レポートプレゼント】FX自動売買の極意〜FX自動売買トレードの失敗で学んだ自動売買トレードの勝ち続ける本音・運用方法の極意を記載

無料メルマガ登録で今ならFX自動売買取引のスペシャルレポートをプレゼント。初心者から学べるFX自動売買トレードを配信します。

👉自動売買メルマガの詳細はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です