自動売買EA(ソフト)

くじらスキャル〜FX自動売買EAの運用成績と評判

くじらスキャル〜FX自動売買EAの運用成績と評判

くじらスキャルは、開発者FX貴族さんが開発したユーロ円タイプのスキャルピングEAになります。

くじらスキャルは、現在販売停止(非売品)になっており、購入することができませんが、外為ファイネストのタイアップキャンペーンで無料で入手することが可能です

キャンペーンは終了し、現在は通常販売に以降しました。

非売品でもフォワードテストは計測されているため最新の運用成績を知ることができます。

【2020年6月追記】くじらスキャルがブースト(Boost)機能を追加

くじらすきゃるは、成績が絶好調のまま2020年6月に「ブースト機能」を搭載してアップデートしました。

これは取引頻度が増えるオプション機能です。

ブーストあり、なしでどれくらい取引頻度や利益が増えるか非常に気になるところです。

*画像はゴゴジャン 公式サイトより引用

上の画像では赤がブースト機能、青が通常のトレードになります。

この2つを比べてみればわかるように取引回数が増えている赤のブースト機能が利益が上がっているのが分かります。

その差は収益でいうと2倍となっています。

くじらスキャルの特徴について

項目EA
トレードスタイルスキャルピング
時間足1
通貨ペアユーロ円
最大ストップロス100 pips内部クローズあり
プロフィット10 pips内部クローズあり
最大ポジション数
価格非売品

くじらスキャルは2019年当初に限定的に販売されたもので、それ以降はキャンペーンのみのEAの提供となっています。

コロナウイルスの相場でも成績を伸ばしている

運用開始期間2019年3月
勝率74%
収益率46%
ドローダウン22%

2020年の2月から猛威を奮っているコロナウイルスは外国為替市場にも大きな影響を与えています。

しかしながら、くじらスキャルは2020年に入ってもコンスタントに成績を伸ばしています。

くじらすきゃる公式サイト(最新成績とEAの特徴)

2020年はすべての月で勝ち越し中

2020年の相場では、1月から6月までのすべての月で勝ち越しという非常に素晴らしいパフォーマンスを見せています。

特に相場の変動が大きかった3月と4月は、収益を特に伸ばしており非常に安定しているトレードと言えいます。

くじらスキャルの設定ロットについて

くじらスキャルについてどれくらいのロットの設定をすべきかご紹介していきます。

くじらすきゃるのトレードでは

・ストップ(損切り幅)100pips、1ポジション

となっています。

フォワードテストでは100万円の口座資金に対して10万通貨でトレードしています。

つまり最大ストップにかかった場合には10万円の損切り。(自動損切り機能があるので、最大ストップロスの頻度は多くありません。)

効率よく資産を増やすのではあれば、私もこのくらいのロットがオススメと言えます。

つまり10万円の口座資金であれば0.1ロット(1万通貨)といった感じです。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
無料メルマガ講座でFX自動売買が学べます!! 初心者から学べるFX自動売買運用講座(計12回)と最新の自動売買EA情報を配信。今なら電子レポート「FX自動売買の極意」をプレゼント中!
*メールアドレス
*お名前(仮名でも可)

 

1.5GB→1230円(月額)【FX専用VPSで大幅価格改訂!! 】お名前.com

FX専用のVPS業界で独走状態の大手VPS会社「お名前.com」。業界最安水準、サポート体制、サーバーの安定性。多くのトレーダーから選ばれるVPS

 

世界第2位のトレードが開発したインジケーター

2019年FX世界大会第2位の実績を持つFXトレーダーのコウスケさん。

インジケーターの購入者2000名を突破し、多くの反響を得ている彼からの限定特典が5月12日まで限定は配布されています。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FX自動売買トレードを学びたい方へ!!

無料レポートプレゼント】FX自動売買の極意〜FX自動売買トレードの失敗で学んだ自動売買トレードの勝ち続ける本音・運用方法の極意を記載

無料メルマガ購読初心者から学べるFX自動売買トレードの手法と運用方法とオススメのEAを配信しています。

 

無料メルマガ詳細ページ

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

バイナリーオプションのインジケーターを自動売買として使えるシステム!MT4、MT5に対応

詳細ページ

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー