FXの税金

【節税対策】FX自動売買の利益は経費で減らすことが可能!

FXやFX自動売買トレードでは、給与所得者のサラリーマンの場合、年間利益が20万円以上であれば確定申告をして税務署に税金を納める必要があります。

しかしながら発生した収益は、FXに関連する経費として減らせるため、節約することができるのでおすすめの方法と言えます。

FXは税区分としては雑所得「申告分離課税」で一律20%となっていますが、うまく経費を利用して、適正で賢く節税対策をしていきましょう。

意外とFXの利益を経費で減らすことは知らない人も多くある意味「裏技みたい」になっているのが現状です。

また実際に確定申告の時に、経費として認められるか不安な項目がある場合には、気軽に最寄りの税務署に連絡してみるのもおすすめの方法と言えます。

FXの経費の仕組み

経費とは事業を行う中で発生した費用を指します。

身近なもので言うと給与は会社を経営していく上で必ず発生する費用です、よって給与は経費になります。

FX取引における利益は「先物取引にかかわる雑所得等」とされおり、税率は20.315%(所得税15%+住民税5%+復興税)になっています。

なので、

FX取引における税金は【収益-経費×税率】で求めることができます。

ではここでいうFX取引で経費となるものを見て行きましょう。

ヨリコ
ヨリコ
つまり経費を使って収入を減らすことができるので、日頃から領収書などはまとめて取っておいたほうがいいわね。

上の画像の例でいうと、「申告額は50万円」つまり、50万円*20%=10万円が納める税金となります。

FXの経費として認められる項目について

ここではFX取引において経費と認められるものを個別に見て行きましょう。

  • 電話代及びインターネット代
  • 書籍や新聞などの資料代
  • パソコンやそのモニター、スマートフォン、タブッレットの購入費用
  • FXセミナーやそれに伴う宿泊費
  • トレードの取引手数料
  • プリンターや事務用品等

電話代及びインターネット代

FX取引においてインターネット環境を整える事は必須になりますので、当然経費とみる事が出来ます。

ただし、プライベートと併用して使っている場合は全額が経費と認められるわけではないので気を付けましょう。また、FX会社に問い合わせした時の電話代も経費計上できます。

 

FX取引を勉強するのに使う書籍や、為替取引に関係する新聞代(一般のものはNG)等の資料として使用するものも経費とみることができます。

ヨリコ
ヨリコ
日本経済新聞などは新聞として経費で落としやすいわね。

パソコンやそのモニター、スマートフォン、タブッレットの購入費用

FX取引はパソコン等の通信機器を使ってのやり取りになるので、FX取引用にパソコンやモニターを購入した場合等も経費とできます。

スマートフォン、タブレットも同様です。

FXセミナーや勉強会の参加費用とそれに伴う交通費や宿泊費

FXセミナーや勉強会に参加される方もおられると思います。

それには参加費用や開催地への交通費や、日帰りが難しい場合には宿泊費、参加後の懇親会の飲食代などもろもろと出費が伴いますのでそれに関する費用も経費として認められます。

FXの取引手数料

ネット上でFX取引を行う際には、委託手数料が発生します。これは取引を行う上では必須となりますので経費として計上できます。

借入金の利息

資金調達してFX取引の証拠金として使った場合の借入金の利息も経費計上できます。

しかしながら銀行での借入となると、投資目的では借り入れる事が難しいので必然的に消費金融等になってしまいます。

ですが消費者金融での借入の利息は高額になる可能性があるのでなるべくなら避けた方がいいですね。

プリンターや事務用品等の購入費用

FX取引で使う事務用品や取引記録等を印刷するプリンターも必要経費ですので経費計上できます。

必要に応じて経費の按分(あんぶん)も必要

上記に挙げた経費の中でパソコンやスマートフォンの通信費は全額を経費として認めてもらう事が難しいものになります。

理由はプライベートでの利用と併用している場合が多く線引きが難しい事が挙げられます。

ですので、按分(あんぶん)といってFXに使った割合とその他プライベートで使ったものとの割合を考えなくてはいけません。

ですがこの割合の決め方に明確なルールは無いので常識の範囲内で使った時間の割合を考慮して決めた方がいいでしょう。

経費がどれだけ認めれるかは厳密な決まりはない。経費として全額計上できるか、プライベートと併用している場合には、FX用が7割、6割など自分の感覚で決める必要があります。

仮に税務署に聞かれた時にある程度説明できるようにしておくことが必要です。

まとめ

今回みてきたようにFX取引にもたくさんのものが経費として認められています。

確定申告をする場合は経費計上をできるだけ行い、節税につなげるようにしましょう。

なるべくなら課税対象額を減らして税金が安くすむ方がいいですよね。

あわせて読みたい
【節税対策】FX自動売買の利益は経費で減らすことが可能!FXやFX自動売買トレードでは、給与所得者のサラリーマンの場合、年間利益が20万円以上であれば確定申告をして税務署に税金を納める必要があ...

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
オススメFX自動売買キャンペーン!

【限定復活!!】スキャルピングドラゴンが無料でもらえる外為ファイネストのタイアップキャンペーン!!

2018年の爆発的な売上を記録したスキャルピングトレードを行う「スキャルピングドラゴン

そのスキャルピングドラゴン「3月末までの期間限定」でキャンペーンで無料で入手できます。

 

詳細ページ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Beatrice-rise1が無料でもらえるFXTFのタイアップキャンペーン!!

大好評!!運用期間9ヶ月で収益率80%を達成。

年利100%も射程圏内の注目の自動売買ソフト『Beatrice-rise1』が無料でもらえるキャンペーン!!

 

詳細ページ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大人気Beatrice DELTA2の購入で、開発者「東京シストレ」さんのスペシャルレポートプレゼント

自動売買EAのカリスマとも言われる「東京シストレ」さんの開発したBeatrice DELTA2。 運用開始半年で年利50%を突破!

今なら「東京シストレ」さんの運用方法をまとめたスペシャルレポートプレゼント中!

詳細ページ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FX自動売買トレードを学びたい方へ!!

無料レポートプレゼント】FX自動売買の極意〜FX自動売買トレードの失敗で学んだ自動売買トレードの勝ち続ける本音・運用方法の極意を記載

無料メルマガ登録で今ならFX自動売買取引のスペシャルレポートをプレゼント。初心者から学べるFX自動売買トレードを配信します。

 

無料メルマガ詳細ページ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です