FXの基礎知識

FXにおける「為替差益」と「スワップ金利」について

為替差益とは?スワップ金利とは? FXのトレードについて2種類の収益であり、2つの収益「為替差益(キャピタルゲイン)」と「スワップ金利(インカムゲイン)」について解説していきます。 この2つの意味を把握し、しっかりとトレードにおいて計算ができることが重要です。 

主にその際に重要ようになってくるのは為替差益です。FXトレードではほとんどの方がこの為替差益を狙ってトレードを行っています。

為替差益(キャピタルゲイン)とは?

為替レートの変動によって出た利益のことを「為替差益(キャピタルゲイン)」と言われます。

為替レートは日々変動しており、通貨を「安く買って、高く売る」、もしくは「高く売って、安く買い戻す」ができれば、利益を出すことができます。

例えば、1ドル=120円のときにドルを買い、ドル高が進行して1ドル=125円になったときに売ると、その差額である5円が利益となります。逆に、1ドル=120円のときにドルを売り、ドル安が進行して1ドル=115円のときに買い戻すとやはり差額の5円が利益になります。

ここでは例を述べましたが、通常5円とは500pip(ピップス)と言われ、例えば1万通貨(10000円分)購入すれば、10000✖︎5.0=5万円の利益ができます。

またトレードを行うには、経済の状況、金利など様々な経済的な要因を分析する「ファンダメンタルズ分析」や、通貨ペアの過去の値動き規則性を基にグラフ化したチャートを見て分析する「テクニカル分析」などを活用し、その為替差益を狙います。

スワップ金利(インカムゲイン)とは?

外貨預金をすれば利子が付きますが、FXも同様で日々発生する2国間(お互い売買する通貨)の金利差による収益「スワップ金利」を得ることができます。

一般的に、低金利の通貨(例:日本円JPY)を売って高金利の通貨(例:豪ドルAUD)を買えば、その金利差によりスワップ金利を受け取ることができます。逆に、高金利の通貨を売って低金利の通貨を買えば、スワップ金利を支払う必要(金利がマイナス)が出てきます。

また、FXではレバレッジにより、投入する資金よりも大きな資金で取引をすることができ、外貨預金(外貨預金は元本を基に他の通貨を購入)に比べて何倍もの金利を得ることも可能です。

Screen Shot 2015-11-29 at 15.47.46

スワップ金利にはマイナスもある

すでに述べたように注意しないといけないのは、スワップ金利はマイナスになることもあるという点です。

スワップ金利は通貨間の金利差によって発生するものなので、金利が逆転したり、低金利の通貨を買ったりすると、スワップ金利もプラスからマイナスになり、1日毎にマイナスの分差し引かれます。

スワップ金利の額は変動する

スワップ金利は、日々の短期金利の動向に従って市場で決定されるため、変動することがある点にも注意が必要です。

例えば、記憶にある大きな経済危機リーマン・ショックや東日本大震災などの経済混乱時はもちろん、年末の12月であるクリスマスから新年にかけての時期も、市場の参加者が少なり、相場が変動しやすいので、スワップ金利が大きく揺れ動くことあります。

もちろん金利が動くということは、相場が不安定ですので、為替も動きやすいことになります。通常そういった場合の環境ではトレードは控えるのが良いと思います 相場が不安定になることは、金利だけでなく認識しておいたほうが良いと思います。

スワップ金利が付くタイミング

毎日付与されるスワップ金利ですが、金利を受け取る条件として、日本時間午前7時(米国夏時間は6時)の時点でポジションを持っていることが条件となります。

それは、その時間にニューヨーク外国為替市場がクローズするため、このタイミングでスワップ金利が計算されることになっています。

つまり、午前9時にポジションを建てて夜20時に決済したような場合には、午前7時をまたがないため、スワップ金利の付与は発生しないということになります。

スワップ金利だけに固執せず為替差益影響を十分に考慮する。

毎日もらえるスワップ金利は、長い時間ポジションを持てば塵も積もれば山となって、受け取りの額も大きくなります。

例えば、ある通貨を1万通貨で買ったとして1日100円のスワップ金利が付くとした場合、1年で3万6500円の金利収入となります。レバレッジを利用すれば、一万通貨は簡単に買えますし、一年で3万6500円もの収入が安定して入ってくるとすれば(仮に)良い金融商品になります。

しかし、ポジションを長期的に持つということは、それだけの為替の変動のリスクを抱えるということになります。それ以上に、金利に対する為替変動が大きい場合がほとんどのため、スワップ金利はオマケ程度に考えておいた方が無難だと思います。為替変動のマイナスが、スワップ金利でのプラスを上回ってしまうことは多くあります。

為替差益とスワップ金利を意識したトレードを考えると

Screen Shot 2015-11-29 at 15.48.31

上図を例として、1万ドルを100円で買い、90日後に110円で決済。1日のスワップ金利を100円とすると。

  • 為替差益:(110円-100円)✕1万通貨 = 10万円
  • スワップ金利:100円✕90日 = 9,000円

為替差益とスワップ金利の合計で10万9000円の利益になります。

ただこのように90日間ポジションを持つとするのであれば、為替の変動の方が金利を得るより上のように大きいですし、レバレッジを低くしたトレードが必要となります。(外貨預金に近いレバレッジ1倍の安全性のあるトレード)

なので短期的に元本より大きな資金でレバレッジを効かせてトレードするのであれば、あまりスワップ金利のことは気になくて良いとも言えます。

トレードにおける取引コストの把握も重要

トレードにおいては、為替差益で利益を狙っていくことが多いと思いますが、トレードごとの取引コストを把握することも重要です。これは証券会社によって違いますし、自分のトレード方法がどれくらい取引コストに影響するのかを把握してトレードを行うことをおすすめします。

 

[button url=’https://サラリーマン投資自動売買.com/fx-beginner/post-836′ title=’FXの基礎知識に戻る’ color=’#38C0E5′ icon=’icon-right-hand’ newwindow=” size=’big’ class=’ft25px’ rel=nofollow]

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
オススメFX自動売買キャンペーン!

大好評!!半年で収益率150%の注目の自動売買ソフト『スキャルピングドラゴン!』が無料でもらえるキャンペーン!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FX自動売買トレードを学びたい方へ!!

無料レポートプレゼント】FX自動売買の極意〜FX自動売買トレードの失敗で学んだ自動売買トレードの勝ち続ける本音・運用方法の極意を記載

無料メルマガ登録で今ならFX自動売買取引のスペシャルレポートをプレゼント。初心者から学べるFX自動売買トレードを配信します。

👉自動売買メルマガの詳細はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です