オアンダジャパン

オアンダジャパン (Oanda Japan)「MT4東京サーバー」の評判とメリットについて

国内FX会社のoanda Japap(オアンダジャパン )の新しい口座として「MT4東京サーバー」があり、スキャルピングEAにもオススメで、スプレッドが狭くなっています。

オアンダジャパンの口座は「ベーシックコース」「プロコース」「MT4東京サーバー」と3タイプがあります。

それぞれFX自動売買EAが使えるもの、使えないものや、取引通貨量の違いなどがあり、それぞれのタイプにあったコースを選ぶ必要があり、その辺を記事で詳しくご紹介して行きます。

 

オアンダジャパンの口座別スプレッド

 

通貨ベーシックプロMT4東京サーバー
UDSJPY(ドル円)0.40.80.3〜0.6
EURUSD(ユーロドル)0.50.80.4
EURJPY(ユーロ円)0.71.30.4〜0.7
GBPJPY(ポンド円)1.42.8〜2.90.8〜1.1

オアンダジャパンの主要通貨について、取引コストであるスプレッドを上の表で比較しています。

これを見るとMT4東京サーバーが一番コストが安くなっています。

オアンダジャパン の詳しいスプレッドについては「オアンダジャパンのスプレッド比較」の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
オアンダジャパン(OANDA)MT4のスプレッドを比較検証〜FX証券会社MT4(メタトレーダ−4)が使えるオアンダジャパンでのスプレッド(取引手数料)は、MT4対応FX業者の中でも業界最安水準となっており、自...

スキャルピングトレードを行う場合。

オアンダジャパン でスキャルピングトレードを行う場合は、

  • MT4東京サーバー(自動売買可能 10000通貨より)
  • ベーシック(自動売買不可 1000通貨より)

という選択肢になります。

そしてこの2つの違いというのが、取引量で1万通貨(MT4東京サーバー)なのか、1000通貨(ベーシック)なのかで使い分ける必要があります。

スキャルピングEAは「MT4東京サーバー」

1万通貨からの取引になりますが、スキャルピングEAを使い自動売買トレードを行う場合には、「MT4東京サーバー」が選択肢となります。

プロコースでも自動売買はできますが、スプレッドが広いため、スキャルピング は不向きなコースといえます。

1000通貨からスキャルピングEAを使い方は

ですが、1000通貨など少額から自動売買をしてみたい人は、「プロコース」を使うのではなく、ほかの証券会社を使う必要があります。

MT4の1000通貨対応で、スプレッドが狭い会社でオススメなFX会社は

となります。(FX会社名をクリックすると詳細のページへ移動します。

この2つの会社はMT4対応FX会社としても実績がある会社です。

ですが、このどちらがスプレッド が狭いかと言えば「外為ファイネスト」がさらに狭いことこになります。*2つの会社に差はあまりなくFXTFでもスキャルピングは問題ありません。

外為ファイネストのスプレッドについては、「外為ファイネストのスプレッド 」についての記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
外為ファイネストのMT4スプレッドについて比較検証!MT4(メタトレーダー4)で自動売買EAが使えるFX業者である「外為ファイネスト」は、業界でも取引コストが安く、最安水準のスプレッドを提...

MT4東京サーバーの評判

以下「MT4東京サーバー」の評判についてまとめています。

ヨリコ
ヨリコ
自動売買でトレードしている人も多いみたいね。

ヨリコ
ヨリコ
なるほど、1万通貨以上の取引だけど、1万1千通貨など千通貨単位でも取引が可能なのね。

 

スイングトレードのEAは「ベーシックコース」でも可能

自動売買EAでも、「Beatrice-rise1」などのスイングトレードでEAを使う場合には「ベーシックコース」でも大丈夫です。*スイングトレードのEAはスキャルピングに比べてスプレッド の影響が低いため。

ですが、個人の見解としては、スイングトレードのEAでオアンダジャパン の「ベーシックコース」を使うのであれば、ほかの「外為ファイネスト」や「FXTF」などのFX会社で運用した方が、スキャルピングと合わせて同じMT4で運用できるため、いいのではないかと思います。

もちろん1万通貨以上の取引をするのであれば、オアンダジャパン の「MT4東京サーバー」を使うといいです。

スイングトレードを含めた、私がオススメする自動売買EAは「FX自動売買EAのオススメ一覧」でご紹介しています。

あわせて読みたい
MT4でオススメの自動売買EA一覧MT4(メタトレーダー)口座で現在使用中のEA(自動売買ソフト)の運用成績(運用実績)をご紹介します。 運用当初でお金がない時期は...

まとめ

以上オアンダジャパンの「MT4東京サーバー」を含めた各タイプ別口座についてご紹介してきました。

オアンダジャパンで一番スプレッドが狭くおすすめなのが、「MT4東京サーバー」なので、10000通貨以上の取引をする方であれば、それを選択し、それ以外であれば、ほかのMT4対応のFX会社を選択するのがいいのではないかと思います。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
オススメFX自動売買キャンペーン!

大好評!!半年で収益率150%の注目の自動売買ソフト『スキャルピングドラゴン!』が無料でもらえるキャンペーン!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FX自動売買トレードを学びたい方へ!!

無料レポートプレゼント】FX自動売買の極意〜FX自動売買トレードの失敗で学んだ自動売買トレードの勝ち続ける本音・運用方法の極意を記載

無料メルマガ登録で今ならFX自動売買取引のスペシャルレポートをプレゼント。初心者から学べるFX自動売買トレードを配信します。

👉自動売買メルマガの詳細はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です