バックテスト

信頼性が高い!?デューカスコピージャパンのヒストリカルデータの取得方法

国内のFX会社であるデューカスコピージャパン(Dukascopy)の提供するヒストリカルデータ信頼性が高いとFX自動売買EAの開発者から声を聞きます。

MT4でバックテストをする時に使用する価格データであるヒストリカルデータ。

デューカスコピージャパンの配信は親会社のスイスバンク(銀行)より価格レートが提供されており、より正確であると言われているのがその証拠になります。

そのため、デューカスコピーからダウンロードでして取得できるヒストリカルデータはおすすめのヒストリカルデータと言えます。

あの有名開発者「東京シストレさん」がオススメしていたヒストリカルデータ

あの日本を代表するEA開発者である「東京シストレ」さんは「Beatrice DELTA2」など優秀なEAを開発していますが、彼がオススメしているヒストリカルデータが「デューカスコピージャパン」になります。

バックテストのヒストリカルデータは、最も正確なデューカスコピーさんのJFOREXから取得したものをお使いください。

FX会社により、MT4のサーバタイムが異なります。

ヒストリカルデータの時間とサーバタイムが一致するようにしてください。ー東京シストレさんのサイト

 

デューカスコピーからヒストリカルデータをダウンロードする。

デューカスコピージャパンからヒストリカルデータをダウンロードする際はデューカスコピー のチャートソフトである「J-Forex」からダウンロードをし、そこからヒストリカルデータを入手することになります。

ヒストリカルデータのダウンロードの流れとしては

  1. デューカスコピーのデモ口座を申請(本口座でももちろん大丈夫)
  2. チャートソフト「J-Forex」をインストール
  3. 「J-Forex」からヒストリカルデータをダウンロード
  4. AVAトレードのMT4にデータをインストール。

となります。

以下のボタンからデューカスコピージャパンに進めます。

公式ページ

デューカスコピーの特徴と詳細については下記のページでまとめています。

 

デューカスコピー でデモ口座を申請する。

デューカスコピーのトップベージの左側にある「デモ口座」をクリックします。


デモ口座を申請するさには、「氏名」「メールアドレス」「電話番号」などを入力し、最後に「デモ口座を開設する」のボタンを押します。

するとメールにて「ログインID」「パスワード」が送られてきます。*メールをチェック

JForexをインストールする

 

デューカスコピー のチャートソフトである「JForex」は

  • インストール版
  • ダウンロード版

 

があり、どちらもWindowsだけでなくMacにも対応しています。

ボタンを押すと、上のような表示ができますので「ファイルを開く」をクリックします。

 

出てきたウインドウの言語で「日本語」を選択します。

 

次の上の画面では「次へ」のボタンを押します。

 

次に「管理者のみ」か「すべてのユーザー」どちらにインストールするかを聞かれますので、選択を「次へ」をクリックします。

*「管理者のみ」を選択した場合には違うアカウントでは使えないことになります。(パソコンのアカウントを複数分けている時に)特に何もしていない場合はどちらを選択しても大丈夫です。

 

インストール先のフォルダをチェックして「次へ」をクリックします。

 

メニューにフォルダを作成するかという画面が出ますので、そのままで「次へ」を押します。

 

JForexのセットアップが完了しました。

J Forexでヒストリカルデータを取得する。

パソコンにJForexをインストールしたところで、ヒストリカルデータを取得していきます。

JForexを起動し、「ログイン」「パスワード」を入力します。

 

JForexが起動しました。

上のメニューバーから「表示」→「ヒストリカルデータ」をクリックします。

 

上の画面が表示されます。

通貨ペアを左のタブから選択し、右側の「ビット」にチェックを入れます。

次に時間足を「1分」を選択し、時間範囲で取得時間を選択します。

画面の下の「設定」でヒストリカルデータをダウンロードした時のダウンロード先の設定が可能です。

 

上のようなウインドウが表示されますので、画面右側の「フォルダ」のマークをクリックしてダウンロード先を指定します。

 

最後に画面左下の「ダウンロード」をクリックするとダウンロードが可能です。

デューカスコピーのヒストリカルデータをMT4に取り込む場合

無事にデューカスコピーからヒストリカルデータを取得できました。

そのデータを使ってMT4に取り込んでいきますが、ここで注意点があります。

日本時間のMT4について「デューカスコピーのヒストリカルデーターのGMT(時間軸)と一致していないためそのまま使うことができません。

ただここで、FX開発者の「東京シストレさん」は

(夏時間と冬時間が入れ替わるMT4環境)データによっては時間が一時間ずれるなどの問題が発生します。

日本時間基準のMT4)週足などの長さがGMT、GMT+2,3のチャートと差が出るため、バックテストはおやめください。

(その他の時間軸基準)チャートの時間に誤差が発生するため、バックテストはおやめください。

バックテスト信頼性向上の為、GMT業者のMT4をお使いくださいませ。

と発言をしています。

つまりGMT業者のMT4は「AVA(アヴァトレード)」と説明があるため、アヴァトレードのMT4をインストールしてそこでバックテストを行うのがおすすめとなります。

AVAトレードの公式サイトは以下から進めます。

AVA公式ページ

 

ヒストリカルデータをMT4に取り込む方法

ヒストリカルデータをMT4に取り込むことでバックテストを行うことが可能です。

データをMT4に取り込む際は「1分足」のデータを取り込み、その「1分足」のデータを使って「5分足」などのチャートを作成することが可能です。

MT4にヒストリカルデータを取り込む方法については下記の記事をご覧ください。

MT4の使い方総合

▶️MT4の導入手順と使い方ページ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
注目のMT4対応のFX自動売買!

今一番オススメしたMT4に対応したFX会社【外為ファイネスト】

外為ファイネスト 口座開設 | GogoJungle

詳細ページ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【OhracleCHF-mk1】安定を重視したスイス円対応の期待のEA

OhracleCHF-mk1〜FX自動売買EAの成績検証と設定について

EA詳細ページ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自動売買に欠かせないFX専用VPSならエイブルネット

詳細ページ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FX自動売買トレードを学びたい方へ!!

無料レポートプレゼント】FX自動売買の極意〜FX自動売買トレードの失敗で学んだ自動売買トレードの勝ち続ける本音・運用方法の極意を記載

無料メルマガ登録で今ならFX自動売買取引のスペシャルレポートをプレゼント。初心者から学べるFX自動売買トレードを配信します。

 

無料メルマガ詳細ページ