自動売買EA(ソフト)

【爆益中!】Assye〜FX自動売買EAの運用成績と評判について

【爆益中!】Assye〜FX自動売買EAの運用成績と評判について

Assyeは1分足を使ったスキャルピングトレードを行うFX自動売買EAとなっていて、「アオタロウ」さんという開発者の方が開発しています。

対応通貨はドル円とユーロ円というメジャー通貨に対応しており、どちらの通貨についてもバランスの取れた収益となっています。

このEAは2019年9月にリリースされましたが、年末から運用成績で大きく利益を積み上げており、購入者も増加しています。

この記事ではAssyeの特徴と成績を評判口コミを交えたうえでご紹介しています。

 

Assye(EA)の特徴について

項目EA
トレードスタイルスキャルピング
時間足1分足
通貨ペアドル円、ユーロドル
最大ストップロス60 pips内部クローズあり
プロフィット55 pips内部クローズあり
最大ポジション数
価格24800円(2020年1月現在)

 

基本的な使用方法は1分足 ドル円チャートでご利用下さい。

なお、ドル円がメインですがEUR/JPY・AUD/JPY・クロス円通貨など他通貨ペアでも通用する

ものもございますので、それぞれの通貨ペアに合わせてた損切・利食い・時間設定などを見つけ出すことも可能です。

 

<仕掛け>

ボリンジャーバンドをトリガーにして、自分の定義上のトレンド方向に対して押し目を形成し反転すると思われるところを予測して仕掛けます。トレンド方向は基本ロジックでフィルタリングして基本ロジックとボリンジャーバンドの指標が一致した時にだけエントリーします。

<手仕舞い>

・一定の利食い値、損切値に達したら、決済を行います。初期設定では、最大ストップロス 買い55PIPS 売り50PIPS

なお、ロジックが逆行してしまったと判断した場合は最大ストップロスに達する前にロスカットを行います。

 

売り上げランキングで急上昇中!

EAの販売サイトレッツリアルでは、今年の売り上げランキングで1位となっています。

 

Assye(EA)の運用成績

運用開始期間2019年9月〜2020年1月19日
勝率61%
収益率510pips

*上の成績はドル円、ユーロ円で運用した時の成績です。

Assyeは、2019年末から急に成績を伸ばし始め1月になっても大きな収益となりました。

そうしたことで、非常に購入者が増えて生きてる状況です。

運用実績ではドル円とユーロ円のどちらも運用した状態での成績になります。上の各通貨ごとの収益グラフをみるとこの2つの通貨同時運用が良さそうです。

根末に大きく収益が上がったのはユーロ円の利益が増えたのが要因だとわかります。

Assye(EA)オススメの証券会社について

Assye についてはスキャルピングEAのため、スプレッドがせまく注文が通り安い証券会社がオススメです。

実際にフォワードでも使われている

外為ファイネスト

がおすすめと思っています

まとめ

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
注目のMT4対応のFX自動売買、インジケーター

【24日から26日まで期間限定!】優良なFX自動売買スクール「トレラボ」限定募集

トレラボ〜自動売買EAが使い放題のFXシステムトレードスクール

詳細ページ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FX自動売買トレードを学びたい方へ!!

無料レポートプレゼント】FX自動売買の極意〜FX自動売買トレードの失敗で学んだ自動売買トレードの勝ち続ける本音・運用方法の極意を記載

無料メルマガ購読初心者から学べるFX自動売買トレードの手法と運用方法とオススメのEAを配信しています。

 

無料メルマガ詳細ページ

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今一番オススメしたMT4に対応したFX会社【外為ファイネスト】

詳細ページ

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

高勝率を実現したバイナリーオプションの自動取引ツール。MT4、MT5に対応

AutoMultiTrader 〜バイナリーオプション自動取引ツールの評判と口コミについて

詳細ページ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

高評価、満足度が高い!!カニトレーダーさんの手法を自動化したFX自動売買EA!!

 

詳細ページ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

自動売買に欠かせないFX専用VPSなら『お名前.com』

詳細ページ