現在使用中のオススメEAを紹介。私の使用しているEAを参考にして、ぜひ稼げる素敵なEAのポートフォリを作成してみてください。
FX自動売買の初心者の方向けに、分かりやすく、FXの基礎知識から、EAの選び方まで解説。無料の自動売買サイトもご紹介。他のサイトに負けない有益で分かりやすくご説明します。
MT4のインストールから、EAの設定まで余す所まで紹介。またMT4を備えたオススメの証券会社を分かりやすく解説。安心で定評のある会社のみをピックアップしています。
有益でオススメのキャンペーンを紹介。トレードごとにキャッシュバックを受けられるサイトや、口座開設で優良なEAを無料で手に入れる方法をお伝えします。

期間限定!!無料自動売買トレードレポートプレゼント

期間限定!自動売買トレードの極意をプレゼント!(メルマガ)

今なら期間限定で私の自動売買トレードの経験を思う存分に取り入れたレポートを無料プレゼント。    また登録時にはサイトではトレードで勝ち続けるための自動売買メルマガも配信しています。
  • 自動売買を始めたきっかけ.
  • ・FX自動売買トレードの概要.
  • ・VPS(仮想デスクトップ)とは.
  • ・口座開設について.
  • ・お得なキャシュバックサイト.
  • 無料レポートの詳細はこちら!
fleximg

売れ筋ランキング

FX取引の手数料「スプレッド」について

FX取引の手数料「スプレッド」について

スプレッドとは? FXでよく聞くスプレッド。その意味を値の開き、つまり取引コストになります。この記事では手数料であるスプレッドの意味とその計算方法をわかりやすくご紹介します。 また記事の下部には、初心者にも嬉しい取引コストが安いFX業者をご紹介していますので必見です。

とFXは口座開設するときや、通貨を売買する時も、ほとんどの業者では手数料は無料です。

「どうやってFXの証券会社は利益を得ているの??」

間接的な手数料として「スプレッド」というものがあります。

スプレッドとは何?

上の画像のFXの取引画面では、為替レートは13205,7(buy) – 13205,0円(sell)というように、2つのレートで表示されています。

これを「2WAYプライス」と呼び、この例でいうと、売値(BID)が13205,0円、買値(ASK)が13205,0円ということになります。

この買値と売値の差のことをスプレッドと呼びます。つまり画像の真ん中にある0.7です。

普通考えるなら、買う時で、あれ売る時であれ、同じ値段で買うんじゃないの?? という話ですが、FX業者は

「買う時は少し上の値段で」「売る時は少し下の値段で」ということで、その「少し」が手数料として取っています。つまり画像の真ん中にある「0.7」ですね。

通貨の買いを「ASK」「ロング」、売りを「BID」「ショート」とも呼びます。通常はロング、ショートという表現がほとんどだと思います。

Screen Shot 2015-11-28 at 18.36.20

スプレッドは間接的な手数料

上記で説明したようにスプレッドにより、最初にポジションを建てる時には、スプレッド分だけマイナスからのスタートになります。(高い方の価格で買って、安い方の価格で売るということです。)

なので通常FX業者はこのスプレッドから利益を得ることがほとんどです。

一方で、投資家にとっては、スプレッドが取引コストとなりますので、売買回数が多い、スキャルピングという手法だと、売買のたびにスプレッドがかかってしまいますので、その積み重ねは馬鹿にできなくなります。

また自動売買でもほとんどのEA(自動売買のシステム)がスキャルピングを採用していたりするので、その際はスプレッドが小さい証券会社を選ぶ必要があります。またEAは一回のポジションで1つだけでなく、3つくらいポジションを持ったりするので、自ずとトレード回数も多くなります。これはリスクを分散するために行っています。

株の売買手数料のように直接支払うものではないので、コストとして意識しづらいですが、コスト意識を持って取り組むことが大切です。

時間によってスプレッドは変動する

買値/売値の為替レートは刻一刻と変わりますが、スプレッドも幅が広がったり狭くなったりと変動します。相場が大きく動いた際にはスプレッドが広がることがあります。売買した値段より大きく動いた値段になったりします。

有名なのが、経済指標という有人の発言(偉い人の発言)で毎回値大きく動くことがあり、そのような時に取引すると、スプレッドが広がりますので、取引のボタンを押してもすぐポジションが持てないこともあります。 なので、相場が大きく動く時は取引に注意が必要ですね。

またFX業者によっては、(特に主要な通貨であるドルでは)原則固定のスプレッドを提供していたりするところもあります。原則固定だからいいというわけではなく、自分が原則固定ではなくても取引する通貨のスプレッドがどうなのかということを見たらいいと思います。

なので取引する人に応じたスプレッドの選び方がある思います。

スプレッドは通貨ごと業者ごとに異なる

スプレッドは、通貨ペアごとに異なってきます。流動性の高いメジャー通貨では狭く、マイナー通貨では広く設定されていることが一般的です。

また、同じ通貨であっても、FX業者によって、スプレッドの値は異なります。

取引する際には、スプレッドの幅が狭いほうが有利な場合が多い為、FX業者を選ぶ際には、よく取引するであろう通貨のスプレッドを確認しておきましょう。もちろんスプレッドだけで選ぶのではなく取引する通貨があるのか、システムが使いやすいか、会社が信託保全を行っているのか等トータルで判断することが大事だと思います。

特にスキャルピングは売買回数が多いので、スプレッドが狭い業者を選ぶことは必須だ思います。

本サイトにMT4対応で、取引コストが安いFX業者をピックアップしました。

 

FXの基礎知識に戻る

 

 

LEAVE A REPLY(コメント欄)

*
*
* (公開されません)

売れ筋ランキング

ご質問はお気軽に

初めましてサイト管理者のパンニャと申します。FX自動売買について日々奮闘中。EAやサイトについて、その他お気軽にお問い合わせください^^

  • ①原則24時間以内の返信を心がけます。
  • ②些細なことでもお気軽に
  • ③サイトを通じてのEA購入、口座開設等は特別サポート
お問い合わせはこちらから
fleximg

人気記事一覧

サイトの更新状況はこちらをチェック

Facebook

サイト専用のFacebook 記事を更新した時投稿します。

Twitter

twitterページ 記事を更新した時ツイートします。

Feedly

Feedlyに登録するとサイトの新着記事を見ることができます。

Mein Contents

Main Contents

本サイトのメインコンテンツです。①自動売買初心者のための「初めてのFX自動売買」。 ②自動売買のソフトに関する「使用中のEA」。③自動売買ソフトを動かす時に必要なMT4(メタトレーダー4)の知識。おすすめの証券会社もご紹介④「キャンペーン」は自動売買ソフト(EA)が無料でもらえたり、お得なキャッシュバックサイトのご紹介です。