現在使用中のオススメEAを紹介。私の使用しているEAを参考にして、ぜひ稼げる素敵なEAのポートフォリを作成してみてください。
FX自動売買の初心者の方向けに、分かりやすく、FXの基礎知識から、EAの選び方まで解説。無料の自動売買サイトもご紹介。他のサイトに負けない有益で分かりやすくご説明します。
MT4のインストールから、EAの設定まで余す所まで紹介。またMT4を備えたオススメの証券会社を分かりやすく解説。安心で定評のある会社のみをピックアップしています。
有益でオススメのキャンペーンを紹介。トレードごとにキャッシュバックを受けられるサイトや、口座開設で優良なEAを無料で手に入れる方法をお伝えします。

期間限定!!無料自動売買トレードレポートプレゼント

期間限定!自動売買トレードの極意をプレゼント!(メルマガ)

今なら期間限定で私の自動売買トレードの経験を思う存分に取り入れたレポートを無料プレゼント。    また登録時にはサイトではトレードで勝ち続けるための自動売買メルマガも配信しています。
  • 自動売買を始めたきっかけ.
  • ・FX自動売買トレードの概要.
  • ・VPS(仮想デスクトップ)とは.
  • ・口座開設について.
  • ・お得なキャシュバックサイト.
  • 無料レポートの詳細はこちら!
fleximg

売れ筋ランキング

自動売買で使うEAのリスク管理について(ポジション編)

自動売買で使うEAのリスク管理について(ポジション編)

FX自動売買トレードで覚えることは、裁量トレードに比べてそんなに多くはありません、しかし中でもリスク管理については、しっかりと把握しておくべき事柄になります。

リスク管理リスクマネジメント)は、要はそのトレードする人が、その損失を精神的に耐えられるかという意味なります。

例えば自動売買EAがドローダウン(ストップロスでの損)を2回連続受けた時に、

「連続2回か・・・・。資金が減りすぎたから、今度損失が出た時にきついからロット(掛金)を下げよう。。。」

これはNGです。 これをすると、損失を取り戻すのにさらに時間がかかってしまします。

FXではリターンを得るためにリスクをとりますが、そのリスクは個人によって変わります。また元での金額によっても変わります。 多くの金額をかけた場合と、少ない金額でかけた場合では、%が同じであったとしても金額は違うので、損失を受けた時に精神的なダメージは違ってきます。

このようにリスクをしっかりと受け止めれる管理をした上でトレードに臨むことが重要になります。

 

1トレードあたりの損失は3%程度を基本

使用するEAは、EUR/USD(5分足)専用の非ナンピン、非マーチンゲールタイプでリミット値=8、ストップ値=56の逆張りスキャルピングEAとします。

例えば私の初期投資資金20万円として、基本一回のトレードでの損失を3%にします。

Screen Shot 2015-12-02 at 01.49.15

このEAは一回のトレードで最大ポジションを3つ(デフォルト設定)保つため、3つすべてトータルで負けた時を想定してロットを決めます。今回のように複数ポジションを持った場合には、ポジションのトータルが総資金の3%とロスカットの値を決めます。

3%=6,000円

Lot(掛金)*0.56pip(ストップ値)✖️3(3ポジション)=6,000円  *1円=100pip(ピップス)通常通貨の変動をピップスで表します。

Lot=3500→3000(または4000)通貨

よって0.3(0.4)ロットとなります。

損失は精神的に耐えられる金額を設定(重要)

実際運用すれば、わかるように、負ける時は、いつも最大損失(3*0.56pips)というわけではありません。 自動で損切りをしてくれるので、もう少し少ない金額で負けることが多いです。

しかし、長期で運用していくと、マックスのドローダウンが2回連続できたりする場合が出てくるので、

ドローダウンが連続できても耐えられる金額を設定する。

これが非常に重要になってきます。 なのであえて3%と設定しましたが、

例えば100万円の3%は3万円。  20万円の3%は6000円と金額が違います。 この金額で連続して負けた時に精神状態は個人によって変わってくるのです。

なので自分ではどの金額でドローダウンが耐えられるかで基本的に設定するのが理想です。なので、例えば大きな金額200万円で運用する時には1%でも十分運用することができます。 (個人的には3%でも結構リスクを取っています。)

 

EAの便利なポジション機能 複利システムmmについて

またEAによっては複利システムのmmというのがあります。

これはリスク値を例えば1とすると、一つのポジションの損失が資金の1%となるようにEAがロットを計算してくれます。

なので今回のEAは最大ポジションを3つ持つため、複利システムmmをTrueにしてriskの項目にと入力すると1トレードで3ポジションすべて損切りになった時に1%(リスク値=1.5)*3(ポジション数)=3.0%(総資金の%)の損失となります。

最大ポジションで必ずしも3つ持つわけではないので、もう少しリスクをとる場合もあります。(フォワードテストでどれくらいのポジションをいつもとるのか確認できます。)

Screen Shot 2015-07-24 at 20.59.33

 

上の画像はMT4の画面のEAのプロパティの画面ですが赤枠のところに値を入力します。

総資金の5%として、lotsのところの値を入力してもいいですが、複利システムmmを➡︎trueにしてリスク値を入力した方が自動で計算してくれるので、簡単ではあります。 複利システムについては、自動計算機能なので、総資金が増減した場合にはそれに合わせて、ポジションを持ってくれるため、便利になります。

またロットで自分で3%の損切りとして計算して入力する場合は、総資金がある程度増減したら、それに合わせてロットを調整して、ロスカットが3%になるように調整する必要があります。

まとめ

FX自動売買トレードのリスク管理では、EAをどこで止めるか、そしてリスクをどの程度にするのかが重要となってきます。 そこをしっかりと考えた上でトレードを行ってみください。

 

FXトレードの種類 に戻る

 

 

LEAVE A REPLY(コメント欄)

*
*
* (公開されません)

売れ筋ランキング

ご質問はお気軽に

初めましてサイト管理者のパンニャと申します。FX自動売買について日々奮闘中。EAやサイトについて、その他お気軽にお問い合わせください^^

  • ①原則24時間以内の返信を心がけます。
  • ②些細なことでもお気軽に
  • ③サイトを通じてのEA購入、口座開設等は特別サポート
お問い合わせはこちらから
fleximg

人気記事一覧

サイトの更新状況はこちらをチェック

Facebook

サイト専用のFacebook 記事を更新した時投稿します。

Twitter

twitterページ 記事を更新した時ツイートします。

Feedly

Feedlyに登録するとサイトの新着記事を見ることができます。

Mein Contents

Main Contents

本サイトのメインコンテンツです。①自動売買初心者のための「初めてのFX自動売買」。 ②自動売買のソフトに関する「使用中のEA」。③自動売買ソフトを動かす時に必要なMT4(メタトレーダー4)の知識。おすすめの証券会社もご紹介④「キャンペーン」は自動売買ソフト(EA)が無料でもらえたり、お得なキャッシュバックサイトのご紹介です。