運用レポート

FX自動売買トレード〜アメリカ大統領選挙での相場運用について11月8日(火)

アメリカン大統領でのFX(外国為替)自動売買トレード自動売買ソフト(EA)運用上の注意点(いつ止めるか)をまとめました。

いよいよ世論を騒がしているアメリカ大統領選挙が行われます。 現地時間では11月8日(火)、日本時間ではアメリカより時間が進んでいますので、11月9(水)になります。

原則、相場が大きく動く可能性がある場合はFX自動売買トレードはあらかじめ余裕を持ってストップします。  今回の大統領選挙は前から、ヒラリー氏とトランプ氏の2大対決として注目を集めています。

自動売買ソフト(EA)大統領選挙の前週には止めておく方がオススメ

大統領選挙は日本時間で11月8日(火)に行われますが、トレードは前週から止めておくことをオススメします。

特にスキャルピングEAは相場の影響を受けやすいため、余裕を持って事前に止めておくことがいいと思います。

以前相場を賑わせてたイギリスの国民投票。このときは、国民投票の際はイギリスがEUの離脱として大きな相場の変動がおこりました。(世論は残留が優勢であった。)

その際にトレードをしないのはもちろんですが、その投票の前の段階で、悲劇的なことでイギリスの議員が殺害されるという事件が発生し相場が変動しました。  

実はその際の多くのスキャルピングEAを中心として損失を受けた経験があります。 相場が動く前には、スキャンダルが発生しやすいため、注意が必要です。

EAのトレードの特徴を知り相場の変化に応じてトレードを再開

大統領選挙の結果がどちらになろうとも、その時の相場の動きを見て平常通りなったら、トレードを再開するのがいいと思います。 

特にスキャルピングについては、トレード再開については、事前のストップと同じく余裕を持たれておくことをオススメします。

もし大統領がトランプ氏になったらかなり相場が動くと思いますが、その相場の動きを見て落ち着いたらトレードを再開させるのがいいでしょう。

自動売買ソフトは通常の相場の動きをもとに設計されていますので、このような場面では、事前のストップおよび再開については直前ではなく、余裕を持ったトレードを心がけてみてください。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
オススメFX自動売買キャンペーン!

大好評!!半年で収益率150%の注目の自動売買ソフト『スキャルピングドラゴン!』が無料でもらえるキャンペーン!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FX自動売買トレードを学びたい方へ!!

無料レポートプレゼント】FX自動売買の極意〜FX自動売買トレードの失敗で学んだ自動売買トレードの勝ち続ける本音・運用方法の極意を記載

無料メルマガ登録で今ならFX自動売買取引のスペシャルレポートをプレゼント。初心者から学べるFX自動売買トレードを配信します。

👉自動売買メルマガの詳細はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です