MT4(メタトレーダー)対応FX会社のオススメ口座開設

XM.comの口座タイプ、マイクロ口座、ゼロ(Zero、0)口座の使い分けについて

XM.com(エックスエムドットコム)の口座タイプはスタンダード口座』『マイクロ口座』『ゼロ(Zero)口座』の3タイプがあります。

それぞれレバレッジ、初回入金額、スプレッド、最小取引単位(ロット)など口座タイプによって違うため、自分のFX自動売買トレードでのEA(自動売買ソフト)にあった口座を選ぶ必要があります。

 

XMの特徴と評判については「日本人知名度NO.1の海外FX会社XM.COMの評判と口コミ」を参考にしてください。

あわせて読みたい
XM.COM(エックスエム)海外FXMT4口座開設〜その特徴、評判と口コミについて海外FX証券会社のXM.COM(エックスエムドットコム)は、FX自動売買EAなのでも高いレベレッジで日本人で1番といっていいほど知名度が...

口座の特徴の見方について

ゼロ口座 xm zero 0

 

口座の特徴についてはじめにその見方を解説します。

口座タイプマイクロ口座スタンダード口座Zero(ゼロ)口座
1ロット1000通貨100000通貨100000通貨
レバレッジ888倍888倍500倍
スプレッドおよそ1pipsおよそ1pips0〜pips
最小ロット0.010.010.01
初回入金額5ドル5ドル1000ドル(10万円程度)

口座ごとのロットについて

ロット』➡︎FX取引の取引単位になります。

例えば1ロット=1000通貨であれば、10ロットは10000通貨というふうになります。

これについては、海外の口座は一般的に1ロット=100000通貨(10万通貨)が一般的です。

日本の場合は証券会社によりますが、1ロット=10000通貨(1万通貨)の場合が多いみたいです。

レバレッジについては、どのタイプもあまり影響がない

レバレッジは、多い方がトレードに有利になります

XMの場合は口座タイプによって表のように888倍500倍がありますが、どの口座も場合もレバレッジが高いため、十分なトレードが可能なので、あまり気にする必要はないです。

スプレッドはゼロ(zero)口座が有利

スプレッドは口座の取引コストです。

スプレッドが1pips(ピプス)であれば、取引するごとに1pips(1銭)コストがかかってくることになります。国内口座でかなりスプレッドが狭い(コストが安い)ところでは0.5pips(銭)などのところもあります。

XMでは『ゼロ(Zero)口座』がほとんど0に近い値でのスプレッドを提供います。 したがって自動売買トレードではスキャルピングをメインにポートフォリオに組んでいる人は、有利な口座になります。

ゼロ口座(XM)のスプレッド画像 上の画像はゼロ口座のスプレッドです。全くのゼロではないですが、0に近いスプレッドであり、ほとんどコストがかかってきていないことになります。

気をつけたいのはゼロ口座はスプレッドがかなり狭い代わりに手数料がかかってくるため、全くコストがないわけではありません。

XM Zero口座の手数料は、$100,000の取引毎に片道$5となります。ポジションオープン時に往復分の手数料が口座から差し引かれます。 (XMより)

上の説明の通り、100,000ドル(1千万円)の取引で片道5ドル(500円)ということです。 片道というのは、通常買って売る場合に、2回の取引をすることになります。その1回分を片道と言っています。

1千万円の取引をした場合に手数料が500円くらいですが、500円のコストよりも、値動きでの損益の方が何倍も大きいのでかなり大口の取引、何千万や何億の場合以外は気にする必要はありません。

他のスタンダードやマイクロ口座はスプレッドがありますが、スキャルピングばかりのEAだけではなく、デイトレードやスイングトレードのEAの方が積極的に使う場合はスタンダードやマイクロ口座でも十分トレードすることができます。

スタンダード口座とマイクロ口座の違い

ゼロ口座』についてはスプレッドがかなり狭いのが特徴だとご説明しましたが、スタンダード口座とマイクロ口座の違いについては、1ロットあたりの通貨数が変わってきています。

つまりマイクロ口座はその名の通り、1ロット=1000通貨とかなり小さなロットで取引ができるということです。 なので少額資金、例えば5万円などのトレードする時にも余裕を持ってトレードしたい時に0.1ロット(100通貨)などの少ない通貨数でトレードができます。

通常の資金で例えば20万円や50万円などの通貨で取引する場合もマイクロ口座で特に問題ありませんが、スタンダード口座が一般的ではないでしょうか。  もっと大きな金額、例えば何百万単位であればスタンダード口座がオススメです。

ゼロ口座のみ初回入金額は1000ドルとなっている。

タンダード口座やマイクロ口座の初回入金額は5ドルとかなり少ないのに対し、ゼロ口座は最低1000ドル(10万円くらい)での初回トレードとなっています。

初回入金なので口座開設をして、その後口座にトレードする時に1000ドル以上入金してトレードすると言うことになります。

ゼロ口座のみ他の口座と金額が違っているので、そこは気をつけておいてください。

まとめ

以上がXMの3つの口座タイプの解説でした。 

XM.comは、口座タイプのサービスの良さだけでなく、専属で日本人スタッフも在籍しており、日本語でのチャットの時間中では、気軽に何度もやりとりができます。

通常はトレードの質問についてメールで送って、数日経って答えが返ってくるという場合もありますが、XMの場合はチャットですので、すぐさまサポートデスクの担当者が返答をしてくれますので、いくつも続けて質問をすることができ大変便利です。  

海外FX口座であって日本人を顧客として意識してサポートの充実を図っている姿勢が『日本人顧客満足度第1位』に輝かせたと思っています。

▼▼日本人向けには、MT4が使えてサポートが充実しているXM.comの口座開設がオススメです▼▼

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
オススメFX自動売買キャンペーン!

大好評!!半年で収益率150%の注目の自動売買ソフト『スキャルピングドラゴン!』が無料でもらえるキャンペーン!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FX自動売買トレードを学びたい方へ!!

無料レポートプレゼント】FX自動売買の極意〜FX自動売買トレードの失敗で学んだ自動売買トレードの勝ち続ける本音・運用方法の極意を記載

無料メルマガ登録で今ならFX自動売買取引のスペシャルレポートをプレゼント。初心者から学べるFX自動売買トレードを配信します。

👉自動売買メルマガの詳細はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です