FX自動売買(システムトレード)について

海外口座MT4のスプレッドは広いのか?〜スプレッドが狭い口座開設方法を比較検証

海外FX口座を開設する時に、気になるのがスプレッド国内証券会社の口座に比べて海外証券会社のスプレッドは広い傾向にあります。

スプレッドが広いとは、コストが高めであるということです。逆にスプレッドが狭いとはコストが低めであることを言います。

海外FX口座を開設するメリットは『レバレッジ』、少額資金でEA(自動売買ソフト)をいくつも動かせるのがメリットになります。国内口座はレベレッジが低めなので、国内口座で安定的に運用して、海外口座では積極的に運用するといった使い分けもできます。 

多くの人は国内口座だけでなく、海外口座も開設している人が多いみたいです。

海外口座のスプレッドについて国内口座を比較

myfxbookのスプレッド比較 海外業者

こちらはMyfxbookといって、EAの成績の管理ができるサイトです。 こちらで登録されている海外FX会社のスプレッドの一覧を見ることができます。 こちらは日本人には見慣れない会社も多くありますので、できるだけ日本人がよく使っている海外口座を選ぶようにする方が将来的にもいいです。

なぜなら日本人がよく口座開設している会社を使った時に、いろいろな情報を日本語のサイトで見ることができるからです。 日本人がほとんど使わない海外の証券会社の場合はネットに英語でしか情報がないため不便になります。 よってより情報が得やすい海外FX口座を開設するようにしてください。

➡︎スプレッド一覧についてはこちらから

トレードフィナンシャル スプレッド

続いてこちらが国内口座(MT4対応)のスプレッドの比較です。FXトレードフィナンシャルから拝借しました。FXトレードフィナンシャルは、MT4対応国内証券会社の口座では業界最高水準のコストの安さを提供しています。他にもオアンダジャパンもスプレッドが狭く有名です。

2つの画像を見ればわかるように、国内口座の方がスプレッドは低い傾向になります。 また海外口座でも0スプレッドなどスプレッドがかなり低いものもありますが、別に手数料を取ったりするところもあるので、選ぶ時には他に手数料がかからないか注意が必要です。

スプレッドを狭くするには、キャッシュバックサイトを利用するのがお得

本サイトでも紹介しているキャッシュバックサイト。こちらは海外FX口座対象のサービスになります。

ファイナルキャッシュバックトップ

上の画像は、『ファイナルキャッシュバック』というキャッシュバックサイトのトップページです。 こちらのページには日本人におなじみの海外FX口座が並んでいます。

例えばこの中で赤枠の『XM』。この画像の下に0.6pipと記載があります。 つまりトレードごとに0.6pipのキャッシュバックがもらえるということなのです。

つまりスプレッドが1.0pipの通貨があるとすると、実際キャッシュバックを含めて考えると

1.0pipー0.6pip=0.4pip

がスプレッドになります。
キャッシュバック見積もり ファイナルキャッシュバック

なお上の図のようにサイトではキャッシュバックの金額の見積もりができるようになっているため、大変わかりやすくて便利です。

キャッシュバックサイトの利点は日本語マニュアル完備

ファイナルキャッシュバック 新規口座開設ボタン

キャッシュバックサイトには、日本語対応マニュアルが完備されているため、マニュアルを見ながら安心して口座開設ができます。

このようにキャッシュバックサイト経由での口座はメリットがたくさんあります。 これを知らずに通常のように、証券会社のページから口座開設しても何ももらえません。

オススメの方法ですので、ぜひ下記の記事を読んで海外口座開設して、お得にトレードを行ってみてください。

オススメFX自動売買キャンペーン!

大好評!!半年で収益率150%の注目の自動売買ソフト『スキャルピングドラゴン!』が無料でもらえるキャンペーン!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FX自動売買トレードを学びたい方へ!!

無料レポートプレゼント】FX自動売買の極意〜FX自動売買トレードの失敗で学んだ自動売買トレードの勝ち続ける本音・運用方法の極意を記載

無料メルマガ登録で今ならFX自動売買取引のスペシャルレポートをプレゼント。初心者から学べるFX自動売買トレードを配信します。

👉自動売買メルマガの詳細はこちら