FXの基礎知識

FXのリスクについて〜その特徴と考え方

FXは、外貨関連の投資商品の中で、レバレッジを効かせた取引、多くの種類の通貨の選択ができるとして特に有利な金融商品と紹介してきましたが、もちろん様々なリスクがあり、ここでその主なリスクの例をご紹介いたします。

リスクを知ることは、リスク管理を行うことで重要なことです。様々なリスクを把握しておくことで、トレードで経験した時の吸収が早く、相場の状況も把握しやすくなります。

為替変動リスクについて

為替変動リスクは、想定したのと反対の方向に為替が変動した場合に損失を被るリスクのこと。
例えば買った通貨が思惑を外れて値下がりすると損をします。また、売りから入った通貨が値上がりしてもやはり損をします。

また、FXには値幅制限がなく、相場状況によっては短期間に大きく変動する場合もあります。スイスフランショック等の場合です、あまりにも急激な変動があった場合には、証拠金維持率が水準を下回って強制ロスカットになる可能性もあり得ます。

FXをしていれば、経済情勢について敏感になってくるため、通貨について経済混乱や、悪い方向に行く思惑等を把握して、そう言った通貨については取引を行わないようリスク管理をすることで、避けることができます。

証拠金以上の損失が発生する可能性も

上でご紹介した、2015年1月15日に発生した、スイスフランショックは記憶に新しいところです。

スイス国立銀行がユーロの下限を1.2として無制限介入を行う方針を突然撤廃。その結果、ユーロスイス相場は一時41%も急落し、過去に例を見ないマーケット変動となって金融市場に混乱をもたらしました。

このような場合、事前にニュース等でスイスフランショックについて、制限撤廃の思惑が事前に流れており、経済ニュース等に敏感になっていれば、事前に避けれることができます。 また各証券会社についてもお知らせで、スイスフランショックに事前に情報を入れていた証券会社や、取引を停止しているしっかりした証券会社があるため、そのような場合には、取引を行いことが必要です。

また自動売買の場合はEAが自動で取引を行なうため、関連する通貨については事前に停止しておく必要があります。 とは言っても、今や経済は承知の通りグローバル化すべての通貨を停止させておくのが無難です。スイスフランショック時はスイス関連通貨はもちろんのことですね。

 

流動性リスクについて

通貨を売るということは、それを買う人がいるということ。

流動性リスクは、買いたいところで買えない、売りたいところで売れないというリスクのこと

流動性が低いのは一般的に、取引量の少ないマイナー通貨(新興国通貨・トルコリラ、南アフリカ等)であり、紛争や自然災害、また金融危機等で相場がパニック状態になると、相場が急激に変動し、一時的に売買が成立しにくくなったり、スプレッドが拡大します。

金利変動リスクについて

金利変動リスクは、各国の政策金利などによって、スワップ金利が変動することを言います。

⇛ スワップ金利について

スワップ金利を貰うことを目的に運用していたのに、金利変動で逆転してスワップがマイナスになることもあります。

また、金利が下がるとその通貨については売られやすく(買われにくく)なるため、下落しやすくなる点にも注意が必要です。なんで買いポジションを持っている場合は注意が必要です。

信用リスクについて

信用リスクは、FX業者が破綻した場合に、預けたお金の一部または全額が返金されないリスクを言います。

ですが2010年2月より、国内のFX業者に対して「全額信託保全」が義務付けられたので、その点は安心です。なお海外証券会社についてもたい部分が全額信託保全になっている場合がほとんど(有名な証券会社に限る・マイナーな証券会社については把握していません)です。

信託保全とは、顧客から預かった証拠金とFX業者の資産を分けて管理するために、信託銀行等と信託契約を締結し、顧客から預かった証拠金をその信託口座にて管理することをいいます。

Screen Shot 2015-11-29 at 17.42.56

これにより、万が一FX業者が破綻した際にも、預けた資金は保全され、手元に戻ってくるいうことになっています。

オンラインリスクについて

FXでは、インターネットを使ったオンライン取引が中心となるので、使っているパソコンの故障やウイルス感染、または、インターネット回線が不通になる等も考えらます。 取引を行うデバイスはPCだけでなく持ち歩きできるスマホ等もあればなお良いと思います

オンラインリスクについてはあまりないとは思いますが、PC以外のネット環境も構築していれば安心だと思います。

なお、金融変動リスク等は証券会社の口座を開いたときに、マーケット情報(市場情報)等が毎日送られてくるようなメールマガジン等もありますので、それを少し目を通すだけで、市場について有益な情報を得ることができます。仕事が忙しくてゆっくりニュース等を見れない方にもぜひオススメです。

外出先でもトレード状況が確認する場合には、VPSと呼ばれるWindowsの仮想デスクトップを使うことで、外出先でチャートがチェックでき、またMacに対応していないMT4でも、動かすことができます。

[button url=’https://サラリーマン投資自動売買.com/fx-beginner/post-836′ title=’FXの基礎知識に戻る’ color=’#38C0E5′ icon=’icon-right-hand’ newwindow=” size=’big’ class=’ft25px’ rel=nofollow]

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
オススメFX自動売買キャンペーン!

大好評!!運用期間9ヶ月で収益率80%を達成。年利100%も射程圏内の注目の自動売買ソフト『Beatrice-rise1』が無料でもらえるキャンペーン!!

詳細ページ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FX自動売買トレードを学びたい方へ!!

無料レポートプレゼント】FX自動売買の極意〜FX自動売買トレードの失敗で学んだ自動売買トレードの勝ち続ける本音・運用方法の極意を記載

無料メルマガ登録で今ならFX自動売買取引のスペシャルレポートをプレゼント。初心者から学べるFX自動売買トレードを配信します。

👉自動売買メルマガの詳細はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です