FXの基礎知識

各国の通貨について 

FXで売買する時の通貨ペアとは?

FXでは、2つの通貨の交換レートの値動きに対して取引を行います。

各国の2つの通貨の組合せを「通貨ペア」と言い、通貨の組合せの数だけ通貨ペアが存在します。

つまりたくさんありますw

また、FXでは必ずしも円で売買するだけでなく、円以外の通貨ペアでも取引ができます。

例えば、「ユーロ」「ドル」「円」の3種類の通貨であれば、「ユーロ/円」「ドル/円」「ユーロ/ドル」の3種類の通貨ペアを扱うことができます。EUR/USD(ユーロ/ドル)はドルでユーロを交換することになります。(ドルは円で実際は交換します。)

通貨ペアの表記の順番は決まっていて、「ユーロ/ドル」であって「ドル/ユーロ」では取引を行いません。

メジャー通貨とマイナー通貨

メジャー通貨

世界経済でも為替市場で存在感があり、取引量もすごく多く、変動幅も比較的安定している国の通貨を「メジャー通貨」と呼びます。

米国(ドル)・ユーロ・日本(円)・イギリス(ポンド)・スイス(フラン)を中心に、カナダ(カナダドル)・オーストラリア(豪ドル)の通貨当りが一般的にメジャー通貨と呼ばれます。

これらメジャー通貨は情報量も豊富な上、取引コストとなる売値と買値の差(スプレッド)も、有利に設定されています。スプレッドが低いほど売買する時に有利になります。スキャルピングと呼ばれる売買回数が多いトレード手法がありますが、その際はスプレッドが多く関わってきますので、スプレッドが小さい証券会社を選ぶようにしてください。

最初のうちは、これら主要国通貨のメジャー通貨が値動きが少なく、取引を行うことが良いと思います。まだ値動きに規則性があり、自動売買でも主要国通貨がほとんど取引の対象通貨となっています。  例えばプロトレーダーがどうして勝つことができるのかと言えば、値動きに規則性があるからです。その規則性で確率が高いところでトレードを行っているから、勝つことができるのです。

マイナー通貨

それに対し、ニュージーランドや南アフリカ、トルコリラなど、取引量が少ないマイナーな国の通貨を「マイナー通貨」と呼びます。

これらは高金利が魅力の一方で、経済規模が小さくて不安定、情報量も少なく変動幅も大きくなりやすいので、取引する際には注意が必要です。

また、取引コストとなるスプレッドも、メジャー通貨と比べて高く設定されています。なのでレバレッジを低くして取引するのはありかと思います。 価格が下がっている時に通貨をもって「スワップ金利」と呼ばれる金利を受け取りつつ「為替差益(売買での利益)」を受けるということです。

高金利が魅力ですが、例えば金利を受け取っても、買った時より通貨が下がったら、為替差益もマイナスになり、結果的に金利がプラスでもトータルでマイナスになりかねません。。。 なので、取引をする際は金利と通貨の変動両方を考えた取引が必要となります。

他に覚えておきたい呼び名

ストレート通貨

基軸通貨である米ドルを一方の通貨に持つ通貨ペアを「ストレート通貨(ドルストレート)」と呼びます。

「ユーロ(EUR)/ドル(USD)」「ポンド(GBP)/ドル(USD)」「カナダドル(CAD)/ドル(USD)」などがそうです。

クロス通貨

「クロス通貨」は、米ドルを含まない通貨ペア、中でも円を入れた通貨ペアを「クロス円」と一般的に呼んでいます。

「ユーロ/円」「ポンド/円」「ドル/円」などがそうです。

実際には、クロス通貨のレートはドルを介したクロスレートで決定されます。

例えば、豪ドル/円のレートは、円でドルを購入して、そのドルで豪ドルを買う取引と同じなので、ドル/円(120円)と豪ドル/ドル(0.7200ドル)を組合せて、86.50円という豪ドル/円のレートが生成されます。

例えばユロドルよりも、ドル円やユロ円の方が値が安定していると思います。 ユロドルは一番取引量が多いので。

資源国通貨

資源国通貨は、「コモディティ通貨」と言われています。コモディティとは日常品、商品という意味です。

鉱物資源や農産物などの市況商品を産出し、それを主要な輸出品としている国の通貨をいいます。

その代表的なものには、豪ドルニュージーランドドルカナダドル南アフリカランド、などがあります。資源が豊富な国の通貨のことで、コモディティ市場との関連が強い性質にあります。

よって、原油価格や金価格その他コモディディ市場が変動した時に影響を受けやすい通貨です。

輸入国の通貨に大きく左右される傾向があります。

まとめ

以上が各国の通貨の特徴でした。通常トレーダーがトレードを行う場合は、規則性があって安定している主要国の通貨を対象にトレードを行います。また自動売買でもEAと呼ばれるシステムにも規則性でトレードを行うようインプットされており、主に主要国の通貨を対象にしています。

マイナー通貨は金利が高く魅力的ですが、相場の変動が大きいので、レバレッジ(掛金の倍率)を低くして取引を行うと良いと思います。

[button url=’https://サラリーマン投資自動売買.com/fx-beginner/post-836′ title=’FXの基礎知識に戻る’ color=’#38C0E5′ icon=’icon-right-hand’ newwindow=” size=’big’ class=’ft25px’ rel=nofollow]

 

本日のランキングクリックの応援ありがとうございます↓↓↓

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

FXシステムトレード ブログランキングへ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
オススメFX自動売買キャンペーン!

大好評!!運用期間9ヶ月で収益率80%を達成。年利100%も射程圏内の注目の自動売買ソフト『Beatrice-rise1』が無料でもらえるキャンペーン!!

詳細ページ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FX自動売買トレードを学びたい方へ!!

無料レポートプレゼント】FX自動売買の極意〜FX自動売買トレードの失敗で学んだ自動売買トレードの勝ち続ける本音・運用方法の極意を記載

無料メルマガ登録で今ならFX自動売買取引のスペシャルレポートをプレゼント。初心者から学べるFX自動売買トレードを配信します。

👉自動売買メルマガの詳細はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です