経済ニュース

スキャルピング(Whitebear等)EAは要注意!英国EU離脱の影響で相場が変化

6月23日に英国EU離脱か残留を問う国民投票が実施されます。 そのことで現在の為替相場は変動が生じています。 16日に英国の下院議員が殺害されるニュースがあり、その後相場が動きました。 その際に多くのスキャルピングが損失を受けています。 

私のWhiteBearも同様に損失を受けました。私は複数スキャルピングEAを稼働させていますので、損失は一気に受けることになりました。

私はニュースからの損失を受けて現在スキャルピングEAのみ自動売買トレードをストップしています。 また相場が元に戻ればスキャルピングEAも調子を取り戻して収益はすぐに巻き返すと思います。複数動かしているため損失はある程度大きですが、収益は同時に大きくすぐに巻き返すとができます。

スキャルピングEAはトレード時間足が短いため相場の変動を受けやすい

EU離脱問題でスキャルピングEAが損失

上の画像は16日からの相場状況です。左側の赤丸で売りポジションを持ちましたが、その後相場が上昇ドローダウンを受けてしまいました。

あの無敵であったWHiteBearZUSDJPYも最大ドローダウンまではいきませんでしたが、多少の損失を受けてしまいました。

大きな要因であったと思われるのが、英国残留支持派の下院議員が殺害されるという事件です。このことにより相場が変動し、多くのスキャルピングEAが損失を受けたと思われます。

通常スキャルピングEAは小さな時間足でちょこちょこトレードを行うため、勝率は高いのですが、相場の影響を受けやすいといった特徴があります。 なので、相場の変動が起こる場合は早めにスキャルピングEAに関しては止めておいたほうが得策になります。

先週前半から遅くともEAを止めておいた方が適切

結果論にはなりますが、遅くとも先週の前半までにはスキャルピングEAに関しては止めておいた方が良かったと思います。 英国の国民投票が23日に実施されるのでその問題が現在大きく世間を賑わせており、その関係で相場が通常と違った動きをしています。

なのでそのような時は早めにスキャルピングEAを停止し様子を見た方がよいと、今回のニュースでさらに実感することができました。

国民投票後に相場が落ち着いたら自動売買トレードを再開

国民投票の結果次第では相場が荒れる可能性があります。

ですので、相場がちゃんと落ち着いた時にスキャルピングEAに関しては動かす必要があります。 勝率が高くコツコツ買ってくれる頼もしいEAではありますが、今回のようにデリケートな面も同時にあるので、それを把握して自動売買トレードに生かしていく必要があります。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
オススメFX自動売買キャンペーン!

大好評!!半年で収益率150%の注目の自動売買ソフト『スキャルピングドラゴン!』が無料でもらえるキャンペーン!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FX自動売買トレードを学びたい方へ!!

無料レポートプレゼント】FX自動売買の極意〜FX自動売買トレードの失敗で学んだ自動売買トレードの勝ち続ける本音・運用方法の極意を記載

無料メルマガ登録で今ならFX自動売買取引のスペシャルレポートをプレゼント。初心者から学べるFX自動売買トレードを配信します。

👉自動売買メルマガの詳細はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です