現在使用中のオススメEAを紹介。私の使用しているEAを参考にして、ぜひ稼げる素敵なEAのポートフォリを作成してみてください。
FX自動売買の初心者の方向けに、分かりやすく、FXの基礎知識から、EAの選び方まで解説。無料の自動売買サイトもご紹介。他のサイトに負けない有益で分かりやすくご説明します。
MT4のインストールから、EAの設定まで余す所まで紹介。またMT4を備えたオススメの証券会社を分かりやすく解説。安心で定評のある会社のみをピックアップしています。
有益でオススメのキャンペーンを紹介。トレードごとにキャッシュバックを受けられるサイトや、口座開設で優良なEAを無料で手に入れる方法をお伝えします。

期間限定!!無料自動売買トレードレポートプレゼント

期間限定!自動売買トレードの極意をプレゼント!(メルマガ)

今なら期間限定で私の自動売買トレードの経験を思う存分に取り入れたレポートを無料プレゼント。    また登録時にはサイトではトレードで勝ち続けるための自動売買メルマガも配信しています。
  • 自動売買を始めたきっかけ.
  • ・FX自動売買トレードの概要.
  • ・VPS(仮想デスクトップ)とは.
  • ・口座開設について.
  • ・お得なキャシュバックサイト.
  • 無料レポートの詳細はこちら!
fleximg

売れ筋ランキング

証拠金と強制ロスカットとは?

証拠金と強制ロスカットとは?

FXは証拠金を担保(証拠金を一時的に一部証券会社に預ける)にして、レバレッジをかけて外貨または円を借りて何倍も大きな金額の取引をします。

FXでは証拠金について、有効証拠金・必要証拠金・証拠金維持率など、証拠金という言葉がたくさん出てきます。

ポジションを持つと口座にこれらの証拠金の数値が出てきます。難しい言葉なので、混乱しそうですが、これからそれらの意味ついて解説をしていきます。

証拠金の種類

上記のように証拠金と付く用語がたくさん使われますが、それらの意味を理解していないと、予想外に保有するポジションが強制的に決済されたり、(勝手にクローズ(決済)してマイナスになったり)、証拠金を無視した無謀に高いレバレッジで取引することになりかねません。

ここでは、それぞれの「証拠金」の種類についてお伝えします。

有効証拠金

有効証拠金とは、取引口座に入金されている残高をいいます。

例えば、FXを始めて取引口座に10万円を入金したとすると、有効証拠金は10万円となります。

その後、証拠金を使ってポジションを建て、為替変動で含み益/含み損が出ると、その分が有効証拠金から加算/減算されます。

最終的にポジションを決済し、その為替差益がプラス1万円だったとすると、有効証拠金は10万円+1万円 = 11万円と増えます。

Screen Shot 2015-11-29 at 16.35.19

必要証拠金とは

必要証拠金とは、新たにポジションを建てるのに最低限必要な金額のことです。

例えば、レバレッジ25倍(国内口座)で、1ドル=120円の米ドル1万通貨を買うとします。

120円✕1万通貨 / 25 = 4.8万円

この場合は必要証拠金が4.8万円となり、有効証拠金の額がそれ以下であれば、新たにポジションを建てることができなくなります。

証拠金率とは

証拠金率とは、投資金額に対する有効証拠金の割合のことです。

必要証拠金率が4%であれば、4%の証拠金を用意する必要があるということです。

例えば、米ドル1万通貨を取引する場合、その4%にあたる400ドル(1ドル=120円とすると4.8万円)が必要証拠金となります。

また、証拠金率が分かれば、レバレッジが分かります。

100% / 証拠金率 = レバレッジ

証拠金率4%ということは、100% / 4% = レバレッジ25倍で取引をしているということになります。

 

証拠金維持率とは

証拠金維持率とは、必要証拠金に対する有効証拠金の残高の割合のことです。

例えば、1ドル=120円のときに、必要証拠金4.8万円の取引を、有効証拠金4.8万円で1万通貨取引したとします。その後、1ドル=118円になると、1万ドルは118万円の価値となり、2万円の含み損が発生することになります。

この時点で、有効証拠金は4万円 – 2万円 = 2万円となります。必要証拠金4万円に対して有効証拠金は2万円なので、2万円 / 4万円 = 50%が証拠金維持率となります。

この証拠金維持率は、各証券会社によって決められた「強制ロスカット」の率を下回ると強制的に結果される仕組みになっています。だいたい20%〜50%の間で設定している証券会社が多いと思います。

強制ロスカットとは

上記で書いたように、損失が発生して証拠金維持率が一定水準を下回ると、FX業者によって強制的に決済が行われることになり、これを「強制ロスカット」と言います。

ロスカットは本来、「投資家保護」の目的で設けられた制度ですが、不本意なタイミングでの強制決済はできるだけ無いようにしたいものです。

ロスカットを避けるためには、証拠金に対して多目の資金を口座に入れておき、実質レバレッジを低く抑えた取引が必要となります。

また、強制ロスカットが発動する基準はFX業者によって異なってきます。

尚、強制ロスカットが執行する前に「マージンコール」と呼ばれる注意喚起が行われるので、強制ロスカットの前に、資金を新たに投入するのか、その前に損切り(ある一定の損失を受けたら、決済を行うと投資者が決めた値)を行うのか自ら対応することが大切となります。

また証拠金については、レバレッジも関係していくるので、レバレッジに関する記事も合わせて読みたい記事になります。

FXの基礎知識に戻る

 

 

LEAVE A REPLY(コメント欄)

*
*
* (公開されません)

売れ筋ランキング

ご質問はお気軽に

初めましてサイト管理者のパンニャと申します。FX自動売買について日々奮闘中。EAやサイトについて、その他お気軽にお問い合わせください^^

  • ①原則24時間以内の返信を心がけます。
  • ②些細なことでもお気軽に
  • ③サイトを通じてのEA購入、口座開設等は特別サポート
お問い合わせはこちらから
fleximg

人気記事一覧

サイトの更新状況はこちらをチェック

Facebook

サイト専用のFacebook 記事を更新した時投稿します。

Twitter

twitterページ 記事を更新した時ツイートします。

Feedly

Feedlyに登録するとサイトの新着記事を見ることができます。

Mein Contents

Main Contents

本サイトのメインコンテンツです。①自動売買初心者のための「初めてのFX自動売買」。 ②自動売買のソフトに関する「使用中のEA」。③自動売買ソフトを動かす時に必要なMT4(メタトレーダー4)の知識。おすすめの証券会社もご紹介④「キャンペーン」は自動売買ソフト(EA)が無料でもらえたり、お得なキャッシュバックサイトのご紹介です。